【ハリウッドより愛をこめて】アカデミー賞ノミネートのシンデレラガール、その裏話とは?

最新ニュース

『プレシャス』
  • 『プレシャス』
もうすでにシネマカフェ読者のみなさんはご存知でしょうが、先日アカデミー賞のノミネーションが発表されましたね。その中で、今年ブレイクしそうな女優の一人で私が注目しているのが、『プレシャス』で主演女優賞にノミネートされた新鋭、ガボレイ・シディビーです。

写真はご覧になっている方も多いと思いますが、本作で彼女はマライア・キャリー、レニー・クラヴィッツらの大御所、そして助演女優賞にノミネートされたモニークというキャストの中で主演を張っています。みなさんは彼女についてどれくらい知っていますか?

ここでガボレイの育ったバックグラウンドを少し見てみましょう。彼女自身は、母親のアリス・タン・リドリーによれば、女優になるなど夢にも思っていなかったようで、実はガボレイよりも先に、母親が映画出演のオファーを受けていたそうです。4年前、アリスは主人公“プレシャス”の母親役で出演を打診されていたそうなのですが、教師であり母親であるがゆえに心苦しいものがあり、アリスはこれを断ったそうです。しかし、彼女はこの原作小説「Push」を娘に託し、それからギャビー(ガボレイの愛称)の友人たちが彼女を出演させようと応援するようになったのです。

その後の展開はみなさんご存知の通りですが、ガボレイはいまや見事な演技力で世界中にその名を知らしめることになりましたが、一方で、18年間家族を養うため、週3回ニューヨークの地下鉄タイムズスクエア駅で歌を歌ってきた母親のアリスは、以前と変わらず歌い続けているようです。彼女は言います、「私の娘はオスカー候補になるかもしれませんが、私の名前はギャビーの給料とは関係ありませんから」と。それゆえ、アリスは変わらず最大限の努力をし続けるのです。

さて、次の話題はヒットメイカー、マイケル・ベイの新作について。どうやら、早ければ5月には『トランスフォーマー』の最新作の製作に着手するそうですよ。ミーガン・フォックスファンにとっては嬉しい情報ですね! 全米での劇場公開は2011年の夏になる予定です。

また、新作ニュースでは、ブラッド・ピットとマット・デイモンが、2006年に公開された人気アニメ第2弾『ハッピー・フィート2』で共演することで合意したとのこと。3D映画として、2011年の11月18日に全米公開される本作には、ほかにもロビン・ウィリアムズとイライジャ・ウッドが声優として参加します。

そして最後に、『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作、『Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides』(原題)がいよいよ製作の前段階に入りました。第4作目となる本作の撮影は、今夏オアフ島とカウアイ島で始まるそうで、こちらも2011年には公開されるそうです。注目の作品がたくさんあって困ってしまいますね!

《text:Lisle Wilkerson》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top