薬師丸ひろ子 バレンタインのチョコは「50、100と用意するのはタ・イ・ヘ・ン」

最新ニュース

『今度は愛妻家』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今度は愛妻家』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
女優の薬師丸ひろ子、俳優の豊川悦司が2月14日(日)、東京・シネスイッチ銀座でW主演映画『今度は愛妻家』のロングランヒット御礼舞台挨拶を行い、バレンタインデーについて語り合った。

薬師丸さんは「この仕事を13歳からしていて、華やかにウキウキすることを逃して大きくなってしまった。バレンタインの日が仕事や撮影ですと、一応女の子なのでみなさんに渡すチョコを50とか100とか用意するので大変で」と苦笑い。「なるべくそのとき、仕事をしていないといいな」と本音をポロリ。

司会者から、今日は豊川さんと(同席した)行定勲監督の分を? と聞かれ、「用意してきました! (渡すのは)これからです。朝、やっぱり…」と準備に奔走した様子。豊川さんから「多分、今日がバレンタインデーだとご存じなかったんじゃないですか?」と突っ込まれ、「あの、あの…最高級チョコレートをご用意させていただきました」と何とか切り返した。

一方で同日、バンクーバー五輪のフリースタイルスキー・女子モーグルで五輪自己最高の4位に入った上村愛子選手の話題に、薬師丸さんは「年を重ねてレベルを上げていくなんてすごい。スケートの方とかもそうだと思いますが、(周囲の声に対して)じゃ自分が滑ってみたら? って言いたくなると思う」と敬意を表した。豊川さんは「こういう仕事をしているので表情に見入っちゃいますが、(選手の)みなさん、神々しい顔をしていらして勇気をもらえる」。行定監督も「世界で4位なんてすごい」と感銘を受けていた。

同作は、先月16日(土)から全国約250館で公開されて今月12日(金)で4週間のファーストランを終了。ヒットを受けて同13日(土)から同館など約30館で約4週間、ムーブオーバーされる予定。行定監督は「この映画館で僕の映画がかかるのは初めて。助監督をやっていた頃、豊川さんとご一緒した『Love Letter』という映画がここから広がってロングランした。感慨深い劇場です」としみじみ。豊川さんも「すごく縁のある劇場。『Love Letter』もそうですし、その前に薬師丸さんと夫婦役をやらせていただいた『きらきらひかる』もこの映画館から観客に大きく届いていった」と懐かしそうにふり返り「この映画もみなさんの心の中でどんどん育っていくタイプの映画だと思う」と手応えを語っていた。

『今度は愛妻家』は全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top