北川景子&岡田将生、連ドラの教師と生徒の関係の次は映画で恋人同士!

最新ニュース

『瞬 またたき』
  • 『瞬 またたき』
北川景子と岡田将生が、河原れんのデビュー小説を映画化した『瞬 またたき』で恋人役で共演することが明らかになり、2人のコメントが到着した。

2人が演じるのは泉美と淳一のカップル。幸せな日々を過ごしていた2人だが、ある日バイクで花見に出かけた際にトラックとの衝突事故で、淳一は死亡し、ひとりだけ助かった泉美も、ショックから事故が起きたときの記憶、つまり恋人の最期の瞬間の記憶を失ってしまう。悲しみを抱えて生きる彼女だったが、弁護士の真紀子との出会いをきっかけに失った記憶を取り戻そうと決意する。あの日、何が起こったのか? なぜ自分だけが助かり得たのか? “真実”を知る恐怖と葛藤しつつも閉じ込められた記憶を辿っていく泉美。そこに隠されていた衝撃の愛の奇跡とは——?

失った記憶と向き合おうとする主人公・泉美を演じる北川さんは、3月公開の『花のあと』に続く今年2本目の主演作品となるこの『瞬 またたき』について「愛する人を事故で失い、一人残された泉美が事故の真相を知るために辛い現実と向き合い、だんだん再生していくところが見どころです」と語り、自身の役作りについては「恋人を失う気持ちに少しでも近づけるのではないか? ということで磯村監督からいただいたPTSD(心的外傷/トラウマ)についての本を読み、大切な人を失ったらどのようなショックを受けてどのような症状が出るのかということを勉強して演じました」と明かした。

一方、本屋大賞に輝いた同名ベストセラーを映画化した『告白』に本作、『悪人』に時代劇初挑戦となる『雷桜』と今年だけで4本の映画が公開される岡田さん。泉美を残して事故死する淳一を演じるが「北川さん演じる、泉美の一人の男性を愛し、起きた現実と向きあう姿勢を見てほしいです」と自身の役柄以前に北川さん演じる泉美に言及。そして「役作りという形ではなく、自然体で現場に入り、監督と話し合いながら淳一を演じました」と落ち着いた様子をうかがわせた。ちなみにこの2人、一昨年放送されたTVドラマ「太陽と海の教室」では織田裕二さん扮する櫻井が受け持つ3年1組の副担任(北川さん)とクラスの中心的存在の生徒(岡田さん)という間柄だったのだが、今回は美大生という設定で至極のラブストーリーを展開することに。

原作者でこれまでにも映画『余命』の脚本なども手がけてきた河原さんからは映画に対して「痛ましい事故の一瞬を磯村(一路)監督は、(おそらく原作よりも)リアルに描写しています。けれど、そのシーンがあるからこそ泉美と淳一の瑞々しく切り取られた日常がより鮮やかに心に残る。なにげない日常とそこにひそむ儚さの対比が強いコントラストで切り取られ、予期せぬ一瞬で永遠に失ったものへの愛情が磯村監督らしい静けさの中で鮮やかに描かれていると思いました」とのコメントが寄せられた。

北川さんと岡田さん以外では、泉美に記憶と向き合うきっかけを与える弁護士の真紀子を大塚寧々が演じるほか、深水元基、清水美砂、田口トモロヲらの出演が発表されている。また、主題歌はドラマ「1リットルの涙」の主題歌(「Only Human」)などを手がけたKの新曲「会いたいから」に決定。

もしも突然訪れた“一瞬”に運命の選択を迫られたら? 北川さんと岡田さんが紡ぎだす純粋かつ衝撃的な愛に涙必至! 『瞬 またたき』は6月19日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top