セクシーすぎる女、エヴァ・メンデス “完璧な相乗効果”による最新作に自信

最新ニュース

『バッド・ルーテナント』 エヴァ・メンデス
  • 『バッド・ルーテナント』 エヴァ・メンデス
  • 『バッド・ルーテナント』 エヴァ・メンデス
  • 『バッド・ルーテナント』 エヴァ・メンデス
腐敗したN.Y.を舞台に、酒とドラッグに溺れては悪徳に身を染めるというとんでもない刑事の姿を描き、賛否両論を呼んだ問題作が、監督・キャストを一新して生まれ変わった。巨匠アベラ・フェレーラによるクライムサスペンス『バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト』('92)のリメイクをニュー・ジャーマン・シネマの旗手ヴェルナー・ヘルツォークが、“悪徳警部補(=バッド・ルーテナント)”役として名優ニコラス・ケイジを迎え、実現させたのだ。そして、彼に負けず劣らず、鋭い輝きを放っているのが官能的な魅力たっぷりのエヴァ・メンデス。日本での公開を前に、彼女からのメッセージが届いた。

舞台をオリジナルのN.Y.からハリケーンカトリーナ直撃直後のニューオリンズに移した本作。数々の事件が横行する中で、とある殺害事件をきっかけに、これまでの“悪徳”が災いし、“バッドルーテナント”こと主人公テレンスが、善と悪のはざまにある究極の選択を迫られるさまが描かれる。

エヴァが演じるのは、テレンス(ニコラス)の恋人である高級娼婦のフランキー。このフランキーこそが、物語にさらなる波乱を持ち込む重要人物となる。ニコラスとは『ゴーストライダー』以来、2度目の共演となるエヴァだが、口をついて出るのは絶賛の言葉ばかり。
「ニコラスとの仕事は素晴らしいわ。意思の疎通があって、彼とは自然に馴染めるの。大好きだし、大ファンでもある。彼にはとても風変わりなユーモアのセンスがあるわ。稀有な存在だし、その風変わりなところが魅力的なの。私はそういうところに影響されるし、ものすごい俳優だと思うわ。本当に努力し、最高を目指す彼を敬愛しているの。俳優、特に映画スターは前進することを怖がるものだけど、ニコラスはいつも前向きだから、本当に尊敬しているの」。

これまでの十余年で、デンゼル・ワシントン(『トレーニング・デイ』)やウィル・スミス(『最後の恋のはじめ方』)など数々の大物スターの恋人役を演じ、近年では『アンダーカヴァー』『ザ・スピリット』では大胆な演技を見せ、女優キャリアを磨いてきたエヴァ。本作では、ユニークな撮影方法で知られるヘルツォーク監督ならではの手腕で、また違ったエヴァの表情が発見できる。エヴァは、監督について語る。
「ほかの監督だと普通はワイドショットからクローズアップにする。とても画一的なの。でもこの映画で気づいたの。ヴェルナーは全てをツーショットで撮影するのだけど、すごいと思うわ。俳優はそのショットに完全に入り込んで、共演者と一緒に演技しなくちゃいけないし、起こっていることにちゃんと反応しなくちゃいけない。自分のクローズアップだけに集中するのとは正反対だわ。それってとても居心地が悪いの。だからこれは憧れていた撮影方法なの。現場に入って、ヴェルナーとはその撮影シーンのことだけを打ち合わせるの。例えば、まだ話し合っていないことを彼に尋ねると『まだまだそこまでいっていないよ』って言われるから、私は『OK。まだそこじゃないのね』って。ヴェルナーはまさにその瞬間だけのことを、たくさん話してくれるの」。

さらに、「ヴェルナーはこれまでの誰とも違う」と確信を見せるエヴァ。「自分が良いものを出せると思えるし、安心感もある。完ぺきな相乗効果だわ」という、2人の確固たるコラボレーションにぜひ注目したい。

『バッド・ルーテナント』は2月27日(土)より恵比寿ガーデンシネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top