市原隼人、「大人にはならない」宣言!? 『猿ロック』初日

最新ニュース

『猿ロック THE MOVIE』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『猿ロック THE MOVIE』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『猿ロック THE MOVIE』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『猿ロック THE MOVIE』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『猿ロック THE MOVIE』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『猿ロック THE MOVIE』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『猿ロック THE MOVIE』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『猿ロック THE MOVIE』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『猿ロック THE MOVIE』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
市原隼人が2月27日(土)、東京・新宿バルト9で主演映画『猿ロック THE MOVIE』の初日舞台挨拶を行った。

昨年7〜9月に日本テレビ系の深夜帯で放送された人気ドラマの劇場版で、原作は週刊ヤングマガジン(講談社刊)で連載中の芹沢直樹氏による同名漫画。今作は、オリジナルストーリーで、どんな鍵も開けてしまうサルこと天才鍵師・猿丸耶太郎(市原さん)が、謎の美女マユミ(比嘉愛未)の依頼でとある金庫を開けたことからヤクザと警察から追われるハメになる逃走劇。

登場から「イッチー!」の大声援を浴びた市原さんは、初日を迎えた心境を司会者から聞かれると、「嬉しい、嬉しいっす」とストレートに表現。撮影をふり返り「ライブ感、疾走感が漂っていた。みんなが土台になっていい作品を作ろう!っていう雰囲気がありました」と充実の笑顔を見せた。

一方で今作をひと言で表すお題に、市原さんは色紙に「子供」と書き「猿は真っ直ぐで純粋で、周りにどうこう言われたからやるんじゃなくて、見たままで動く。ということで」と解説。司会者から市原さんもそう? と聞かれるとうなずきながら「大人にはならないっすね」と、はにかんだ。

同じお題に、サルの幼なじみ・山田役の高岡蒼甫は「変」と書き、「ドラマでは警官だったけど今回刑事になり、髪型も8:2分けだったのが今回は7:3」と軽妙なトーク。劇場版キャストの小西真奈美が書いた言葉は「ギリギリのライン」。「傍から見たら悪いことでも、すごく信念を持っていることだったり自分の中では正義だったり、一概に答えが出ないことってある。それを、この作品を通じて人間の心の中にある大事な要素だと感じました」と話していた。

『猿ロック THE MOVIE』は全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top