『蜉蝣峠』古田新太×高岡早紀インタビュー “彼ら”が演劇に出る理由

最新ニュース

『蜉蝣峠』 古田新太×高岡早紀
  • 『蜉蝣峠』 古田新太×高岡早紀
  • 『蜉蝣峠』 古田新太
  • 『蜉蝣峠』 高岡早紀
  • 『蜉蝣峠』 古田新太×高岡早紀
  • 『蜉蝣峠』 古田新太×高岡早紀
  • 『蜉蝣峠』 古田新太
  • 『蜉蝣峠』 古田新太
  • 『蜉蝣峠』 高岡早紀
舞台のライヴ感をそのままスクリーンに映し出し、舞台とも映画とも違う新たなエンターテイメントとしてじわじわと認知度を上げている<ゲキ×シネ>。圧倒的な人気を誇る劇団☆新感線と人気脚本家・宮藤官九郎のコラボレーションによって生み出され、昨年上演されて大きな話題を呼んだ『蜉蝣峠(かげろうとうげ』が登場! 主役を張るのは新感線の押しも押されもせぬ看板役者・古田新太、そしてヒロインとして多彩な活躍を見せる高岡早紀が新感線の舞台に初めて参加している。<ゲキ×シネ>の魅力、演劇の未来、作品の見どころなどなど、2人がたっぷりと語ってくれた。

<ゲキ×シネ>ならではの魅力として古田さんが挙げるのは、16台のカメラによるアップやカット割を取り入れた映像世界。
「映像だからこその臨場感はあると思います。特に、視点が変わるというのは大きなところ。普通、みんなセリフを言ってる人の顔を見てるものだけど、それを聞いている俳優の顔を映し出せるのは舞台では出来ない芸当。(ガンズ・アンド・ローゼズの)ライヴに行って、普通はアクセルローズ(ボーカル)の顔を見るけど、そこでスラッシュ(※元メンバー/ギタリスト)が時々アップになるって面白いですよ」。

高岡さんも自身で<ゲキ×シネ>によって作品を後から見て、かなり楽しんで見たとのこと。
「自分で出演していると見れない部分、見たかった部分を見ることが出来て満足してます(笑)。舞台独特の部分を、大きなスクリーンで見られるというのも楽しいですね」。

近年、TVを中心とする映像作品で活躍する俳優が数多く舞台に進出しており、新感線の公演を始め、チケットが即完売という状況も多々見られる。古田さんは舞台を主戦場としつつ、TVや映画など映像世界でも幅広く活躍しているが、現在の演劇界を取り巻く状況をどう見ている?
「ぶっちゃけ、映像でデビューした10代、20代の“若造”たちが舞台に興味持ってくれるのはありがたいし、ソフトは増えたと思います。例えば瑛太や小出(恵介)といった俳優が舞台に来ることで幅は広がった。でも、そうした動きでいま、舞台が安泰かというと決してそうじゃない。新感線や野田(秀樹)さん、三谷(幸喜)さんや宮藤の芝居、劇団四季なんかは人が入るけど…とはいえ演劇界全体で考えたら苦しいですよ。そういうこともあって、ぜひ<ゲキ×シネ>には頑張ってほしいし、自分も映像の方から芝居の世界に、もっともっと良い人材を引っ張り込みたいですね」。

古田さんの言葉にうなずく高岡さん。では高岡さんにとって、舞台への出演はどういうものなのだろうか? そう尋ねると、なぜか古田さんが「早紀ちゃんはあまり仕事したくないんだよね(笑)?」と横槍。高岡さんは「そんなこと言ってません!」と笑いつつ、こう語る。
「映像は瞬発力だけど、舞台は継続力や持続力が必要。体力やテンションを保つ力も要るんです。映像の世界にいると、そうした部分がなかなか鍛えられない…と言うよりそういう部分に考えもおよばなかったりする。そういう意味で、舞台での毎日は発見の連続です。また新感線で? もちろんやりたいです!」

今回の『蜉蝣峠』では2人に加えて堤真一も参加。さらに勝地涼、木村了といった若い俳優たちも出演しており、日々の公演の中で『こんな日課が』と古田さんが明かしてくれた“楽しみ”とは…?
「舞台の袖で、俺と早紀ちゃんとつっつん(=堤さん)の3人で、いつも舞台上の勝地くんの心配をしていた。必ずチェックするシーンがあって、勝地が外すと3人で『ちっ…』って(笑)。下がってきた勝地が真っ先に俺たちのところ来て『どうでした?』って聞くんです。もちろん、お客さんにはしっかりと伝わってるんだけど、『もう少し上に行きたくないか? 勝地』って煽って。木村にもいつも課題を出してましたね。『ここでワンブレス入れれば笑いが取れるから!』とか教えて、実際にやったら『(笑いが)取れました!』ってエサをほしがる犬みたいに走って寄ってくる。舞台だからこそ、そうやって毎日違うことが試せる。若造はそうあるべきなんですよ」。

高岡さんはそんな彼らの関係性を「うらやましい」と思いつつ見ていたと言う
「やっぱり、そういう関係性は“男の子”ならでは。女性だとなかなかそういう関係は築けないから、『いいなぁ』って思いながら見てました(笑)」。

“看板役者”として劇団☆新感線を背負う古田さんは自らを「新感線の番頭」と語る。
「座長のいのうえ(ひでのり/演出)さんが面白いと思うことをやるに当たって、ゲストのみなさんに居心地よくいてもらうのがおいらの仕事。自分が番頭として必要とされるならできる限りやっていきたいですね。最近、よく年の話をするんですよ。そこで思うのは、嫌な仕事をしている暇はない。そろそろ、自分が楽しいと思える仕事しかしちゃいかんな、ということ」。これに高岡さんは激しく同意。「私もそういうこと言ってたの! 仕事したくないのではなく(笑)」。

最後に、古田さんにこれから映画館に足を運ぶ観客にひと言お願いすると、こんな言葉が…。
「堤や勝地、木村のファンは(生で舞台見るには)お小遣いが足りないだろうから(笑)、ぜひ<ゲキ×シネ>で観てほしい! ハンサムな彼らが、なぜ舞台に出るのか? が分かると思いますよ」。

そう言う古田さんのアップ、そして隣りで笑う高岡さんの妖艶さこそ、スクリーンで観る価値アリ!


古田新太(ふるた あらた)
1965年12月3日生まれ。84年に大学の先輩・渡辺いっけいに誘われて「劇団☆新感線」の舞台に参加。現在でも同劇団の看板俳優。舞台以外にTVドラマ、バラエティ番組などにも積極的に出演。様々な顔を持つ個性派としてジャンルを問わない活躍を見せる。近作にドラマ「不毛地帯」、「左目探偵EYE」があるほか、待機作に映画『シーサイドモーテル』『十三人の刺客』、著作に「柳に風」(新潮文庫刊)、「魏志痴人伝」(ダ・ヴィンチブックス刊)がある。

高岡早紀 (たかおか さき)
1972年12月3日生まれ。89年に『cfガール』で映画デビュー。以来映画・TV・舞台などに数多く出演。映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』('94)ではブルーリボン賞主演女優賞、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞など、その年の賞を総なめにする。いのうえひでのり作品への出演は、07年のロック★オペラTHE WHO'S「TOMMY」以来2作目で、新感線には本作が初参加となる。近作に舞台「THE 39 STEPS-秘密の暗号を追え!-」(日比谷シアタークリエにて3月4日まで上演中)、映画『コトバのない冬』(公開中)がある。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top