セクシー俳優ベニチオ・デル・トロ 肉食系か草食系かは「女性次第」

最新ニュース

『ウルフマン』ベニチオ・デル・トロ記者会見
  • 『ウルフマン』ベニチオ・デル・トロ記者会見
  • 『ウルフマン』ベニチオ・デル・トロ記者会見
  • 『ウルフマン』ベニチオ・デル・トロ記者会見
プエルトリコ出身の俳優ベニチオ・デル・トロが3月3日(水)、東京・有楽町のザ・ペニンシュラ東京で最新主演映画『ウルフマン』(ジョー・ジョンストン監督)の記者会見を行い、ダンディなアラフォーシングル男ぶりを発揮した。

古典ホラー『狼男』('41)を下敷きに、19世紀の英国を舞台に、兄の死を調べるうちに謎の殺人鬼に襲われ、満月の夜に変貌するウルフマンになってしまった舞台俳優・ローレンス(デル・トロ)が、忌わしい運命に立ち向かう物語。

実力派俳優として活躍する一方、ラテン系のワイルドな色気と対照的に憂いのある眼差しなどセクシーな容姿の持ち主で独身を貫いているデル・トロ。世界に女性ファンを増殖させているとあってか、司会者から草食系か肉食系か? を問われ、通訳から丁寧に質問の意味をレクチャーされると、「相手の女性によって草食系になることも肉食系になることもあるよ」とオールマイティぶりをPR。

取材席最前列の女性記者からの「ワイルドでセクシーなデル・トロさんが考えるセクシーな男性の条件は?」との質問には「セクシーかセクシーでないかは持って生まれたものだと思う。僕はそのトレーニングを何かしているわけではないから、両親に感謝しているだけ」と大照れだった。

一方、本作では特殊メイクアップ・アーティストの第一人者、リック・ベイカーの手でウルフマンに変身している。「朝、メイクを付けるのに4時間かかり、撮影後に落とすのには2時間で、しかも接着力が強いから大変。朝はリックを好きになり、一日の終わりには彼を恨んだ。愛憎関係にあった」と軽妙に語り取材陣の笑いを誘った。

最後の質問とされた際、指名を受けた記者以外に挙手した記者を見て「最初からずっと手を挙げてくれているこちらの2人の質問には答えるよ」と男気を見せるひと幕もあった。

『ウルフマン』は4月23日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top