ドラえもん仰天!  劇場版30周年祝いのバズーカ砲が大轟音

最新ニュース

『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』初日舞台挨拶 photo:Yoko Sait
  • 『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
劇場版第30作『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』の初日舞台挨拶が3月6日(土)、TOHOシネマズ日劇2で行われ、ドラえもんの声を務める水田わさびら声優陣と楠葉宏三監督らがシリーズ30周年をバズーカ砲で祝った。

水田さんは「今日は嬉しいのでどら焼きを30個食べてきました」とテンション高くリップサービスして挨拶。特別ゲストで来場した、テレビ朝日系で放送中のテレビアニメ版の主題歌「夢をかなえてドラえもん」を歌う女性歌手maoが同曲を歌唱中、水田さんらはドラえもんらの着ぐるみとともに体でリズムをとりながらノリノリで合唱。合わせて手拍子しながら歌う観客も数多く見られ、場内は一体感に包まれてお祝いムード。だが、サビが過ぎたあたりで舞台の左右脇に2台ずつ備えてあったミニバズーカ砲が「ドォーーン!」と轟音をあげると、声優陣は一様にのけぞり、観客もビックリした様子だった。

歌が終わったところで、水田さんは「平静を装うのに精いっぱいでした」と驚きを隠せない様子。スネ夫役の関智一は「(ミニバズーカ砲の)一番そばに立っていたので、超ビックリしました。打ち合わせで聞いてはいたんですけど、こんな風になってしまって」と体を再度のけぞらせ、「カッコ悪いので止めました」と言いながらも笑顔をひきつらせていた。

同作は、人魚が暮らす深海を舞台に、ドラえもんとのび太と仲間たちが、人魚族を助けて怪魚族に立ち向かうオリジナルストーリーで、脚本は作家の真保裕一。水田さんは「ずっと冒険していきたい」。楠葉監督も「大冒険はこれが終わりではありません、スタッフ、キャストで40周年、50周年に向けて面白いドラえもんを作り続けていきたい」と創作意欲をますます燃やしていた。

『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』は全国公開中。

《photo / text:Yoko Saito》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top