山本裕典、今年のホワイトデーは「つまんないですねぇ」

最新ニュース

『ダレン・シャン』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『ダレン・シャン』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『ダレン・シャン』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『ダレン・シャン』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『ダレン・シャン』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『ダレン・シャン』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『ダレン・シャン』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『ダレン・シャン』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『ダレン・シャン』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
映画『ダレン・シャン』(ポール・ワイツ監督)に主演するクリス・マッソグリアと同作の日本語吹き替え版で主人公の声を担当した俳優の山本裕典が3月9日(火)、東京・日劇1で行われたジャパン・プレミアに出席。日米イケメンの競演で女性ファン約1,000人を熱狂させた。

初来日のクリスは現在17歳。初対面の印象を山本さんは「一緒に取材を受けていても、とても堂々としていてコメントもしっかりしている。僕は22歳なのに自分が大丈夫か心配になりました」と話しながら「いまの時点でこんなに素敵なんですから、年を重ねてどんどん素敵になるし、楽しみです」と驚き交じりにベタ褒め。

クリスも山本さんを「かなりクール! 彼は手のジェスチャーが絶妙でコミュニケーションが取れてすぐに仲良くなったよ。吹き替えの前日に12時間かけてこの映画を6回観たという話を聞いて、すごいなと思った。そうやってキャストの気持ちを押さえたんだと思うし素晴らしい」と山本さんの吹き替え時のウラ話に感動した様子で、吹き替えの仕上がりを絶賛。「1点だけ難点があって、イケメン過ぎて僕がかすんじゃうよ」と冗談交じりにライバル意識をメラメラ。軽妙なトークとビシッとダークスーツを着こなしたイケメンの色気で満場の女性ファン約1,000人を喜ばせた。

同作は、親友の命を救うために、半分が人間で半分がバンパイアという、ハーフ・バンパイアになった高校生ダレン・シャンが、闇の世界で第2の人生を生きる姿を描くダーク・ファンタジー。ホワイトデーが近いとあって、司会者が14日に女性をこの映画に誘うなら何と言って誘う? と質問。山本さんは「何じゃそれ?」、「この映画に誘う? うーん…チッ」と妙に照れた様子で動揺しつつ「この映画、俺が吹き替えをしてるんだけど、一緒に観に行かない?」と答えて大汗。クリスは「僕の知っている山本裕典が出ているらしいんだけど、一緒に行かない?」と軽妙な受け答え。

さらにホワイトデー当日について突っ込まれると、山本さんは「今年は(チョコを)もらってない。ファンの方からはいただきましたがプライベートでは一切もらっていないし家族も遠くに住んでいるし…僕にとっては意味のない企画。つまんないですねぇ」と哀愁タップリ。クリスは「アメリカにホワイトデーはないよ。バレンタインデーだけ。男性からでも女性からでもプレゼントする、特別な人と過ごす日です」と解説していた。

『ダレン・シャン』は3月19日(金)より日劇1ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top