ナイナイ岡村、山下達郎が歌う主演映画主題歌でミュージックビデオ初出演!

最新ニュース

『てぃだかんかん』 - (C) 『てぃだかんかん』製作委員会
  • 『てぃだかんかん』 - (C) 『てぃだかんかん』製作委員会
  • 『てぃだかんかん』 - (C) 『てぃだかんかん』製作委員会
  • 『てぃだかんかん』 - (C) 『てぃだかんかん』製作委員会
ナインティナインの岡村隆史が、主演映画『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』の主題歌で山下達郎が歌う「希望という名の光」のミュージックビデオに出演することが発表された。

岡村さんがミュージックビデオに出演するのは今回が初めてで、すでに収録は終了しているという。映画は故郷の美しい自然を取り戻すべく奮闘し、世界で初めて養殖サンゴの移植・産卵に成功した男性の実話に基づいた物語。岡村さんは主人公の金城健司役で、松雪泰子と夫婦を演じている。

そもそも、山下さんが本作の主題歌を担当することになったのには、小さな偶然…いや、映画さながらの“奇跡”の積み重ねが。山下さんは昨年、全国ツアーを行ったが、当初のスケジュールにはなかった沖縄公演が急遽決定。6年前に初めて行われた沖縄ライヴに続く“山下達郎沖縄再訪”の報に地元は沸き立ち、その公演を前に連日ラジオなどで山下さんの楽曲が流れるという現象が起きた。この時期に偶然にも、ロケハンのため沖縄を訪れていた李闘士男監督らは、カーラジオから流れてきた山下さんの「ヘロン」を聴いて直感的に車窓から見える海岸をロケ地に決めたという。そのとき、監督は主題歌を山下さんにお願いすることを心に誓ったのだとか。

さらに、今回の岡村さんのミュージックビデオへの出演決定にはこんないきさつが。事の発端はナインティナインのレギュラー番組「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)への山下さんのゲスト出演。これが初対面だったが、山下さんもかつて同番組のレギュラー経験があり、ラジオ談義に花を咲かせた。さらに、話題は『てぃだかんかん』にも及び、山下さんが岡村さんの名演を讃える一方、岡村さんは中学生の頃から達郎ソングをリスペクトし、沖縄での本作撮影の際にはiPodで毎日、山下さんの歌を聴いて演技に臨んでいたというエピソードを明かした。約40分の番組を終えた頃には2人は意気投合、引き寄せられるようにどちらが言い出すでもなく、ミュージックビデオへの岡村さん自身の出演という流れができあがった。

岡村さんは今回の発表に際し「初めてのPV出演ということで、いろいろ緊張しましたが、2日間の撮影、楽しくやらせてもらいました。バラエティの現場とは違う雰囲気で、とてもスピーディでびっくりしました。どんな仕上がりかまだ分かりませんが、映画に続いて、またキャラにないことをしてしまいました。一生残るものなので、“永久保存版”として大切に置いておきたいと思います」とコメント。

ビデオの中で岡村さんは、何とサラリーマンを演じている。何もない空虚な白い空間にひとりぼっちで迷いこんだ岡村さんが、絵の具を見つけてぎこちなくひとりで壁や床に絵を描き始める。どうやら描いているのはサンゴ。失敗したり、考えたり、眠ってしまったりしつつも、次第に白い空間は美しい海底になっていく。部屋を埋め尽くす海底の絵が完成したかに見えたそのとき、絵の具を持った子供たちが突然現れ、次々と魚の絵を描き始めていく。そして最後に岡村さんはまたひとりぼっちになるが、ひとりではなくみんながいたからこそ完成した夢の世界の中で、達成感に満ちた表情を見せ、その目線の先には、美しい本物の沖縄の海が広がっている、という内容。

何やら想像するだけでもワクワクしてしまうが、岡村さんの言葉通り、撮影もかなり楽しいものだったよう。子供たちとのシーンでは、手のひらサイズの魚を描くようにという監督の指示に対して、夢中になった子供たちが描く魚はどんどん巨大化し、しまいには関係のないカメやウツボまで登場! 子供たちにツッコミを入れる岡村さんの姿に、現場のスタッフたちは大笑いだったという。また、ラストで、絵の具が入った缶を足でひっかけて倒すというシーンでは、足が絵の具の缶にはまってしまい、青いペンキまみれになってしまうというハプニングも発生! 「お笑いの神様が『なにカッコつけてんのや!』と怒ったんかな〜」とは岡村さんの弁。映画と共にこちらのミュージックビデオも楽しみだ。

マキシシングル「希望という名の光」は4月14日(水)発売。『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』は4月24日(土)よりバルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top