甘い嘘と苦い真実、恋愛に必要なのは…? 女性たちの本音の恋愛観を大発表

最新ニュース

『スイートリトルライズ』 - (C) 2009 「スイートリトルライズ」製作委員会
  • 『スイートリトルライズ』 - (C) 2009 「スイートリトルライズ」製作委員会
  • 『スイートリトルライズ』 - (C) 2009 「スイートリトルライズ」製作委員会
  • 『スイートリトルライズ』 - (C) 2009 「スイートリトルライズ」製作委員会
江國香織による珠玉の恋愛小説を映画化した『スイートリトルライズ』。タイトルそのままに、映画では結婚して3年目を迎える妻(中谷美紀)と夫(大森南朋)の甘く、優しい“嘘”が静かに交錯する。「人は守りたいものに嘘をつくの。あるいは守ろうとするものに」というのは劇中のセリフであり、ポスターにも記されている、映画の根幹を貫くテーマ。では、実際のところ恋愛において“嘘”は必要なのか——? 映画の公開を前にシネマカフェが実施した本作の女性限定試写会で行った、“甘い嘘”をめぐるアンケート結果を大発表! 男性にとっては冷や汗モノの(?)女たちのホンネが明らかに。

「夫婦/恋人の間で、時には嘘も必要だと思いますか?」という質問には予想通りというべきか? 79%と大多数の女性が「YES」と回答。とはいえ、この質問にはおそらく男性陣も多くが「YES」と答えるのでは? 重要なのは「時には」必要、ということと、その嘘のナカミ…。では実際に「夫/恋人に嘘をついたことはありますか?」という質問には82%が「YES」。その内容については後で触れるとして、1問目のときより「YES」と答えた人がわずかながら増えているということは、「いけない、と思いつつも嘘をついてしまった」ということ? では男性陣ドキドキの気になる嘘の内容はというと「友達とお食事をすると言って合コンに行ったこと」、「男友達と遊んでいたけど、女の子と遊んでいたとウソをついた」(20代女性)など、“度合い”はともかく、ほかの男性との逢瀬を隠すものが多いよう…。中には「いままでに付き合った人の人数。少なめに伝えました」(30代女性)という乙女心を示すような嘘も。「相手を想っての嘘」というお答えもありましたが、よく言われるのが「心配をかけたくなくて…」という言い訳は自分のことが心配だから、ということ。みなさん、よ〜く考えてから嘘をつくように!

逆に「相手に嘘をつかれた経験」を尋ねる質問には74%とこちらも多くの人が嘘をつかれた経験アリ! 内容は「パチスロに行かない約束だったのにこっそり行ってた」、「タバコをこっそり吸ってた」(20代女性)というものから「元カノと内緒で会ってた」、「私と付き合っているのに、友達に恋人はいないと言っていた」(20代女性)、「浮気」(30代女性)といったヘビーなものも…。内容は分からぬまでも「多分、(嘘を)つかれたと思う」という答えもちらほら…女性のカン、侮るべからず! 変わったところでは「食事を食べて帰ってきたのに『まだ』と言う」というもの。相手を気遣うこんな嘘ならつかれてみたい?

最後に既婚、未婚を問わず尋ねたのが「夫婦が上手くいくために必要なものは?」という質問。多数を占めたのは「思いやり」「信頼」といったポジティブ系キーワード。一方で「だまし通すこと」(20代女性)、「嘘をつくならば、最後まで突き通すこと」(30代女性)といった回答も少なからず見受けられた…。いや、こうした回答は一見、悲観的なようで“優しさ”や“思いやり”と表裏一体の…これこそがまさに女性が求める“甘い嘘”なのかも。中には、はっきりと「相手に期待しすぎないこと」とある意味ポジティブな(?)コメントをする人も。また、映画の感想としては「夫婦について考えさせられた」というコメントが多く、映画を観たことで“信頼”と“嘘”の間で心が揺らぐ女性も? さて、あなたと相手の間に必要なのは甘い嘘? それとも…。

『スイートリトルライズ』は3月13日(土)よりシネマライズほか全国にて公開。

特集『スイートリトルライズ』FEATURE INTERVIEW 中谷美紀×大森南朋
http://www.cinemacafe.net/special/sweetlittlelies/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top