【文豪を演る】インタビューvol.5 成宮寛貴 as 森鷗外 クールと必死の間で…

最新ニュース

「高瀬舟」 成宮寛貴 -(C) 日本文学シネマ製作委員会
  • 「高瀬舟」 成宮寛貴 -(C) 日本文学シネマ製作委員会
  • 「高瀬舟」 成宮寛貴 -(C) 日本文学シネマ製作委員会
  • 「高瀬舟」 成宮寛貴 -(C) 日本文学シネマ製作委員会
  • 「高瀬舟」 成宮寛貴 -(C) 日本文学シネマ製作委員会
日本の近代文学の巨匠たちの作品の中でも“短編小説”にスポットを当て、旬の俳優を配してオムニバス形式で連続ドラマ化した「BUNGO-日本文学シネマ-」がBS-TBSで放送されている。連載5回目を迎えるキャストインタビューに登場してくれたのは成宮寛貴。“文豪”と呼ぶにふさわしい明治、大正期の作家・森鷗外の「舞姫」と並ぶ代表作「高瀬舟」に主演している。100年近くも前に発表されたにもかかわらず、見事なまでに現代を生きる我々こそが考えねばならない問題を提示するこの名作を、成宮さんはどのように捉え、演じたのか?

成宮さんが演じたのは、実の弟を手にかけ、流罪を言い渡された喜助。病を抱え、死を望んで目の前で苦しむ者に対してすべき“正しい行い”とは何なのか? 成宮さんも慎重に言葉を選びつつ、この物語が提起している問題についてこう語る。
「早くに家族を亡くしたという境遇など、主人公に対し非常に感情移入してしまう作品でした。それを含め、もし僕が喜助と同じ状況に立たされたら…彼と同じ選択をするかもしれない。殺人はもちろんいけないことなのだけれど、考えた末に弟のために手を下して、そして罪を償うというところがすごく切なくて…。僕自身演じていて、弟が死んだ後のある台詞を言いながら、すごくホッとした気持ちになったりして、それでまた複雑な思いに駆られたり…。とにかく、自分の気持ちをひとつに集約できなかったですね。道徳的でないけれど“理解”できる…考えさせられました(苦笑)」。

冒頭からしばらくして、牢に入れられた喜助が映し出されるが「仏のような表情」と本人が語るように、何とも言えぬ“安らぎ”を感じさせる表情が印象的だ。どのように演じたのか? と尋ねると「人生において本当に大切なものを失った瞬間を思い浮かべた」という答えが…。
「例えば僕が俳優という仕事を辞めなくてはならない状況になったら、ものすごく残念で、でもものすごくホッとして…そういう状態の“幸福感”を噛みしめるんじゃないか? それが幸せであることが不思議で、そしてそんな自分が許せなくて…そんな風に自分の中で順番に気持ちを追っていきました」。

話を聞いていると、彼の“演じる”ということに冷静かつ論理的に臨む姿勢が垣間見える。「演じながら役になりきるというよりは、一歩引いて役を見つめていて…俯瞰して自分を見ている」と語るが、「でもクールにじゃないですね、かなり必死ですよ(笑)!」とも。

現在27歳。そろそろ“若手”ではない年代に差し掛かってきているのかもしれない。自分の属する世代や年齢、自身の中の変化や成長を意識することは?
「それは“シェア”の問題かな。若い子は常に次々と出てくるわけで、そういう子たちを起用して、かつて僕らも出ていた青春群像劇が作られる。僕は僕で、もちろんひとつずつ年をとって、演じる役柄(の年齢)も少しずつ上がっていく。個人的には、実年齢や年上の役を演じるよりは年下の方が演じやすいですね。必死で生きているから“実年齢の人物”が見えてこないんでしょうね」。

この「BUNGO」シリーズで塚本高史さんに話を聞いたとき、「いまの自分たちだからできる群像劇をやってみたい」と語っていた。それを伝えると、少し笑ってこんな答えが。
「僕らくらいの年齢って、夢がバァーって広がっていてそこに全力疾走という感じでもなくて、少し何かが見えてきて、何かをあきらめたり、シフトチェンジする年頃なのかもしれないですね。まあ、僕自身にそういう実感はないですが(笑)。そういう部分を描くものならやってみたいですね。年齢を少し重ねて、学園モノから少しお兄さんになって“作品選び”が面白くなったというのはありますね。偉そうに言えば“時代を読む”という感じですかね(笑)?」

もう一問。“文豪”に因んで、最近であれ、これまでの人生であれ、成宮さんが「強烈な印象を受けた一冊」は?
「正月の休みでハワイに行ったんですが、僕はボーっとしてて、一緒に行った友人はずっと本を読んでて構ってくれないんですよ(笑)。そのとき友人が読んでいたのが『カエルを食べてしまえ!』(ブライアン・トレーシー著/ダイヤモンド社刊)という本。朝起きてすぐに、自分がやりたくないことをやりなさい、ということが書かれてる。自分への約束事で自分を縛るというのが面白いな、と思いましたね。また年齢の話ですが、自分で金を稼いで自由自在に泳ぎ回りがちだけど、それだけじゃダメということを言われてるようで結構ガーンと来ましたね。“カエルを食べる”というのは自分の一番嫌なことをやるということ…と言いつつ、読んでません、僕は。でもオススメです!」

まさか読んでいない本を薦められるとは…と驚きつつ、話を聞いていてどこか心地良い。やはり不思議な魅力を持っている。「今年は自分にとって役者を始めて10周年の年。自分でスタイルを持って、そのスタイルに意味を感じて…その上で良い出会いを期待したいですね」とニッコリ笑った表情が印象的だった。

© 日本文学シネマ製作委員会

「黄金風景」向井理インタビュー
「黄金風景」優香インタビュー
「魔術」塚本高史インタビュー
「檸檬」佐藤隆太インタビュー
「グッド・バイ」水川あさみインタビュー coming soon

<BS-TBS>
毎週土曜放送中/全6話・各話30分予定
「高瀬舟」は3月13日(土)18:30〜放送

BUNGO-日本文学シネマ- 高瀬舟 DVD
価格:2,993円(税込)

BUNGO−日本文学シネマ− DVD-BOX
価格:13,125円(税込)
発売日:6月19日(土)

公式サイト:http://www.bungo.jp
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top