川島海荷、主演作のイリオモテ ヤマコ役で広末「MajiでKoiする5秒前」カバー

最新ニュース

『私の優しくない先輩』 -(C) 2010 アニプレックス/講談社/アスミック・エースエンタテインメント/グッドスマイルカンパニー/ファントムフィルム
  • 『私の優しくない先輩』 -(C) 2010 アニプレックス/講談社/アスミック・エースエンタテインメント/グッドスマイルカンパニー/ファントムフィルム
  • 『私の優しくない先輩』 -(C) 2010 アニプレックス/講談社/アスミック・エースエンタテインメント/グッドスマイルカンパニー/ファントムフィルム
この夏公開の映画『私の優しくない先輩』で川島海荷演じる主人公イリオモテ ヤマコが、広末涼子の歌手デビュー曲「MajiでKoiする5秒前」のカバー曲で歌手デビューを飾ることが発表された。

映画は川島さんとイケメン芸人として人気の「はんにゃ」の金田哲のW主演による学園コメディ。川島さん演じるイリオモテ ヤマコは憧れの南先輩への恋心を打ち明けられずに胸を焦がしているが、大事なラブレターの存在をクサくて、キモくて、ウザい不破先輩(金田さん)に知られてしまう。挙句に、不破先輩は勝手に「南先輩への告白大作戦」を展開し始め…。

「MajiでKoiする5秒前」と言えば、竹内まりやのプロデュースにより1997年に広末さんが歌い、ポップなメロディと乙女心をキュートに表現した歌詞が若い層の心を掴み、広末さんの爆発的な人気とあいまって一世を風靡した。今回、イリオモテ ヤマコは“Umika as Yamako”というアーティスト名でこの曲を熱唱。劇中のエンディングでは、曲に合わせて出演者全員がダンスを披露するシーンも!

本作は、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」、「らき☆すた」、「かんなぎ」で知られる山本寛監督の初の実写作品。山本作品の魅力の一つは主人公が歌って踊る主題歌ということで、主演女優を探す時点で、演技力に加え、“歌って踊れる”ということを条件にしてきたという。最高のきらめきを持つヤマコ(=川島さん)と出会ったことから、オリジナル楽曲を含めて主題歌の検討に入り、「いまの一瞬一瞬をちゃんと生きることの魅力と大切さ」を描く楽曲としてこの「MajiでKoiする5秒前」に決めたとのこと。

“広末涼子の再来”という期待を背負う、イリオモテ ヤマコ(=川島さん)、すなわちUmika as Yamakoは、今回の決定について「初めて聞いたときは、とにかくビックリしました! と同時に嬉しかったです。私自身、歌も好きだったし夢見ていたことだったので…そして何より主題歌がみなさんもご存知の名曲なので、プレッシャーや不安もありました。ですが、レコーディングのときに、監督やスタッフのみなさんに沢山のアドバイスをいただき、楽しく歌うことができました。この曲は、映画の中の主人公として歌っているので、そのキャラクターが出るように頑張りました。テンポに合った、明るい気持ちで出来たと思います! とてもいい曲になったと思うので、ぜひいろんな方に聴いていただきたいです。感想などはちょっと緊張しますが…この曲を知っている方には思い出して、HAPPYな気持ちになってもらえたら嬉しいです」と力強いメッセージを寄せてくれた。

セーラー服姿での熱唱に思わず胸キュン!? 『私の優しくない先輩』は夏公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top