サンボマスター近藤、宮崎あおいの隣での演奏とバンドでの現実のギャップに苦悩?

最新ニュース

『ソラニン』トークショー付き試写会
  • 『ソラニン』トークショー付き試写会
映画『ソラニン』のトークショー付き試写会が3月22日(月・祝)、神奈川県三崎市の廃校を舞台にしたロックイベント「ロックの学園」とのコラボレーションで開催され、本作に出演する近藤洋一(サンボマスター)と三木孝浩監督、同学園の教頭であり、NHKの「トップランナー」のMCとしてもおなじみのクリエイター、箭内道彦(やないみちひこ)を迎えて開催された。

昨年亡くなった忌野清志郎が“校長”の任に就き(※現在は“出張中”)、旧神奈川県立三崎高校の校舎で開催されたロックフェスティバル「ロックの学園2007」を起源に、これまで数々のロックイベントを行ってきた「ロックの学園」。今回も“入園”無料で20日(土)、21日(日)、22日(月・祝)の3日間にわたって様々なイベントが開催されてきたが、3日目の22日(月・祝)にこのトークショー付き試写会が行われ、多くの観客が足を運んだ。

箭内さんから「近ちゃん、ビジュアルが(映画の)ポスターと違って別人みたい」と指摘された近藤さんは「撮影時から15キロ痩せました」と告白し、箭内さんの「(ポスターと別人のようで)プロモーション効果が薄れちゃうかもよ?」という言葉に、マグロどころの三崎ということで「マグロ1匹食べて帰ります(笑)」と答えて会場の笑いを誘った。

本作で演じた加藤という役柄について「僕も大学に6年通って、軽音部の1年先輩の彼女がいて、しかも名前が(劇中で)伊藤(歩)さんが演じたアイと同じだったんですよ」と明かし、監督も「近藤くんは『加藤が自分だったんで出演させてもらいます』って、言ってくれたんですよ」と嬉しそう。さらに、主演の宮崎さんとCMで仕事をした経験のある箭内さんが「(宮崎さんが)近ちゃんのこと凄く好きだって言ってたよ」、「あれだけすごい俳優さんがたくさんいる中で、プロフェッショナルの役者ではない近ちゃんが空気を支配してたところがあった」と手放しで褒め称えた。

さらに、物語に因んで、近藤さんと監督に“自身の運命を変えた1曲”を尋ねると、近藤さんは「自分たちの曲なんですが、『そのぬくもりに用がある』ですね。まだ売れていない頃から、数人のお客さんの前で歌っていた曲なんですが、ある日を境に、J-WAVEなどから自分たちの曲がかかるようになって、劇的に人生が変わったので、よく覚えています」と回答。一方の三木監督は「大林宣彦監督の『時をかける少女』で原田知世さんが歌った曲ですね。小学校2年生のときにあの映画を観たんですが、観た瞬間に電気が走って、『これだ!』と思って、映画監督を目指すようになりました」とまさに運命の瞬間について明かしてくれた。

ちなみにメインテーマの「ソラニン」を作曲したのはASIAN KUNG-FU GENERATIONの“ゴッチ”こと後藤正文。箭内さんの「ゴッチの曲をサンボマスターの近藤くんが演奏してるのが面白いよね」という言葉に近藤さんも「しかも、僕が演技している後ろでかかっているのが、ストレイテナーのホリエくん(=ent)が作った曲ですからね」と頷いた。さらに「サンボの山口くんが映画を観たら、近藤くんを取られたみたいで寂しがるんじゃないかな?」という箭内さんの言葉に、近藤さんが「映画では、ベースの位置から右を見ると宮崎あおいちゃんですからね! 右側に宮崎さんがいるのは、普段とは180度違いますからね。世界の全てを見た気分です」と返すと会場は再び笑いに包まれた。

『ソラニン』は4月3日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top