【沖縄国際映画祭】パンク黒瀬、“セクシー”谷村美月に「ヤキモチ焼いています」

最新ニュース

『明日やること ゴミ出し 愛想笑い 恋愛。』舞台挨拶
  • 『明日やること ゴミ出し 愛想笑い 恋愛。』舞台挨拶
  • 『明日やること ゴミ出し 愛想笑い 恋愛。』舞台挨拶
  • 『明日やること ゴミ出し 愛想笑い 恋愛。』舞台挨拶
女優の谷村美月が3月25日(木)、沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催中の第2回沖縄国際映画祭で、主演映画『明日やること ゴミ出し 愛想笑い 恋愛。』の舞台挨拶を、共演のお笑いコンビ、パンクブーブーらと行った。

同作は、新人ADの女性(谷村さん)が曲者ぞろいのテレビ局内で悪戦苦闘しながら成長する姿を描いたコメディ。日本テレビの若手演出家、上利竜太氏が初メガホンを取り、同映画祭の「Laugh部門」に出品されている。

“異色作”への出演の経緯について谷村さんは「バラエティの方が映画を撮る新しい試みに一緒にチャレンジしてみたいと思ったのと、ADさんの世界観に詳しくないのでいろんなことを知るのにいいなと思いました」と前向き。「一番苦労したのは、どんな仕事も大変ですが、こういう仕事もいいなと思ってもらいたいなと思ったこと。希望が持てる作品になればと思い、なりました。だから明日から頑張ろう、という気持ちになってもらえたら」と笑顔で呼びかけた。

一方、パンクブーブーの佐藤哲夫は「瞬きをしないで観てほしい。でないと僕らの出演場面が終わってしまう。よく僕らが舞台挨拶に呼ばれましたね〜。若いキャストが足りずに呼ばれたんだと思います」と自虐トーク。撮影のエピソードを司会者から聞かれると「歩いてくれと言われ、歩いて、終わりました。“ドッキリ”だと思いました」とトボけ、観客の笑いを誘った。黒瀬純は「谷村さんが可愛くて好きになるかと思いました。今日もセクシーな格好で、誰に見せたいんだ! とヤキモチを焼いています」と谷村さんに妙に絡み気味だった。



沖縄国際映画祭現地レポート
http://www.cinemacafe.net/special/okinawa2010
《text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top