菅野美穂ら女優陣があの言葉を連発? 原作者・西原理恵子「下品ですみません(笑)」

最新ニュース

『パーマネント野ばら』完成披露試写会 
  • 『パーマネント野ばら』完成披露試写会 
  • 『パーマネント野ばら』完成披露試写会 
  • 『パーマネント野ばら』完成披露試写会 
  • 『パーマネント野ばら』完成披露試写会 
  • 『パーマネント野ばら』完成披露試写会 
  • 『パーマネント野ばら』完成披露試写会 
  • 『パーマネント野ばら』完成披露試写会 
  • 『パーマネント野ばら』完成披露試写会 
菅野美穂にとって『Dolls』以来8年ぶりの主演作となる『パーマネント野ばら』の完成披露試写会が3月25日(木)に都内で開催された。菅野さんを始め共演の小池栄子、池脇千鶴、監督の吉田大八による舞台挨拶が行われ、原作者の漫画家・西原理恵子もゲストで登場し大きな盛り上がりを見せた。

春らしい薄い黄色のワンピース姿で登場した菅野さん。約1か月にわたって、西原さんの出身地である高知県で行われた撮影を「合宿のようでした」と表し「撮影後にごはんを食べるにしても、何となくみんなで集まってしまう感じで(笑)。夏木(マリ)さんにみんな食事に連れて行ってもらったりもしましたし、いつもと違うコミュニケーションの取り方で、役作りににも影響がありました。みんなが順番に東京に帰ってしまうのが本当に寂しくて…。引き止めたんですが置いてかれました(苦笑)」とふり返った。

小池さんも懐かしそうに「地元のお母さんたちが毎日、食事を作ってくださって、カツオとキビナゴ(地元特産の魚)は毎日食べましたね。地元のイタリア料理屋さんのシェフがカツオバーガーを差し入れしてくれたり」とおいしい思い出を明かした。

池脇さんも「みんなでカツオ食べに行きましたね」と語り、小池さんが「塩ダレがおいしかった!」と頷いたが、菅野さんは「塩ダレ? 記憶にない…」と天然っぷりを見せつけ会場の笑いを誘った。ちなみに監督は、菅野さんのように食べたことを忘れたのではなく、そもそも「誘われなかった」のだそう…。

続いて原作者の西原さんも登場し、登壇陣に花束を手渡した。西原さんは映画化について「感激です。漫画描いてて良かった!」と喜びを語りつつ、劇中、女性陣が男性器を指す言葉を連発するとあって「下品でごめんなさい!」と頭を下げた。西原さんはさらに「女ってかわいらしくて、下品で、アタマ悪くて、でもアタマ良くて…映画はそれをそのまま出してくれた。おばさんたちは喜ぶでしょうけど、男性はこれ観てどう思うのかな? というのも気になります」とも。

続いて西原さんが語った菅野さんら3人の演技評に会場は爆笑! 「菅野さんからは、なおこの脆くて危うい感じが出てるし、小池さんが演じたみっちゃんは高知の女の代表ですが、よく似合ってる。池脇さんはムカつく、殴りたくなるタイプの女の雰囲気がよく出てるんです(笑)」。この褒め言葉には池脇さんも思わず苦笑?

菅野さんは最後に「女同士でホンネを言うときは結構あけすけで、男性が『えっ!?』って思うような部分もあるんです。女のそういうところを愛している映画です」とアピールし、会場は拍手に包まれた。

『パーマネント野ばら』は5月22日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top