夏帆、撮影地・香川県に「ああ、ただいま!」 愛犬きな子と一緒に映画ヒット祈願

最新ニュース

『きな子〜見習い警察犬の物語〜』舞台挨拶
  • 『きな子〜見習い警察犬の物語〜』舞台挨拶
  • 『きな子〜見習い警察犬の物語〜』ヒット祈願
  • 『きな子〜見習い警察犬の物語〜』ヒット祈願
香川県で生まれた、愛らしいズッコケ見習い警察犬“きな子”と訓練士を目指す女性の実話を基にした感動作『きな子〜見習い警察犬の物語〜』。夏の公開に向けて、3月28日(日)、物語の舞台である香川県にて、主演の夏帆と寺脇康文、小林義則監督が登壇しての舞台挨拶とヒット祈願イベントが行われた。

香川県でのオールロケで撮影された本作。見習い訓練士・杏子を演じた夏帆さんは、撮影以来の訪問に「『ああ、ただいま!』と思わず言ってしまいたくなるような、本当に帰ってきたぞ〜と…そういう感じですね。まずはみなさんにお礼を言いたいです。ありがとうございます」と挨拶。「香川は本当に温かい人たちばかりで、大好きになりました。食べることがすごく好きなのですが、香川はおいしいものが多くて、うどんとかお魚とか…毎日楽しく撮影していました」と穏やかな日々をふり返った。

杏子を厳しくも優しく見守る訓練所の所長役に扮した寺脇さんも、香川での撮影を満喫したようで「近所の居酒屋さんに入り浸ったり(笑)、お昼はみんなでうどん食べたり、美味しいものをいっぱいいただきました。気候と風土と同じように人が温かくて、おおらかさもあり、人間味あふれる街だなと思いました」とコメント。教え子役の夏帆さんとも息の合った様子を見せていた。

ここで、本作のもう1人の“女優”きな子役のゴールデン・レトリバーのきな子が、名ドッグトレーナーの宮忠臣さんと共に登場! 半年ぶりの夏帆さんとのご対面を喜んだ。夏帆さんも「きな子と再会して、撮影のときのことが蘇ってきました。撮影が終わってあれだけ一緒にいたので、寂しくて、半年ぶりに会ってすごく嬉しかったです」と満面の笑みで語った。

その後、3人と1匹は香川の名所、金刀比羅宮で本作のヒット祈願。寺脇さんは「こちらはやるだけやったと思うので、後はみなさんにお任せという感じです。犬も人間も関係なく、信頼する気持ちが大切で…あと、色々な愛ですね、家族愛、犬と人間との愛、師弟愛、先輩後輩愛、色々な形の愛が詰まっている映画です」と誇らしげに作品をアピールした。

イベントに駆けつけた三豊市の横山市長からは、撮影で使用された訓練場のセットを残して、犬と住民が遊べる「きな子パーク」を作りたいという申し出も。小林監督はこれに「ありがたい話です」と感謝を口にし「ヒットさせて、ここに凱旋したい」と決意の一言。きな子パークの“初代名誉園長”に任命することを勧められた夏帆さんは「私でいいのでしたら、ぜひ!」とノリノリ、一方「副園長で?」と振られた所長役の寺脇さんは、「そうですね! ってなんで下になるんですか!? 所長じゃないですか(笑)」と軽妙な一人ノリツッコミを見せた。

『きな子〜見習い警察犬の物語〜』は8月14日(土)より丸の内ピカデリーほかにて全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top