桐谷健太×近藤洋一インタビュー 「そっくりなベーシストが出てくるマンガがあるよ」

最新ニュース

『ソラニン』桐谷健太&近藤洋一インタビュー(photo:Yoshio Kumagai)
  • 『ソラニン』桐谷健太&近藤洋一インタビュー(photo:Yoshio Kumagai)
  • 『ソラニン』 桐谷健太&近藤洋一 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ソラニン』 桐谷健太 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ソラニン』 近藤洋一 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ソラニン』 桐谷健太 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ソラニン』 近藤洋一 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ソラニン』 近藤洋一 photo:Yoshio Kumagai
  • 『ソラニン』 桐谷健太 photo:Yoshio Kumagai
過去の自分を思い出し、青春時代を懐かしむ。そして、明日を生きる力を与えてくれる──『ソラニン』はそういう映画だ。未来に確信が持てず、寄り添いながら都会の片隅で暮らすフリーターの種田、彼の恋人の芽衣子、友人のビリー、加藤、アイ。バンド(音楽)でつながっているこの5人の青春が綴られる『ソラニン』 は、ある意味特別ではない物語。けれど特別ではない普遍的なものが描かれているからこそ、心に語りかけるものは大きかったりする。ビリーと加藤を演じた桐谷健太と近藤洋一(サンボマスター)も『ソラニン』 が奏でる“つながり”に共鳴した。

「もともと原作マンガを友達の家で読んでいたんですけど、そのときからビリーというキャラクターがとても好きだったんです。友達も原作ファンなので、『なんとしてもビリー役のオーディションに受かりたい!』と、テンション上がりましたね。もちろん優しい話であることも惹かれた理由のひとつです」。望んで手にした役柄であると桐谷さん。高校のときにバンドでドラムを担当していたもののドラムと向き合ったのは実に10年ぶり。オーディションでのドラム演奏は「顔が叩いているふうに見えたら、イケるかなと思ったんですよね(笑)」と茶目っ気を見せるが、その笑顔の向こうにあるのは「幼稚園の頃から、いつか自分も四角いスクリーンの中に入るんだって思っていて。そこからブレたことは一度もないんです」という揺るぎない役者魂。彼のその熱い想いがキャスティングにつながった。

そんな桐谷さんのコメントに終始うなずく近藤さん。サンボマスターのベースとして音楽畑の第一線で活躍する彼にとって、加藤役のオファーは「高校3年間野球部で頑張ってきたのに、大学からサッカーで誘いがきたようなものですよね(笑)」。驚きの出来事ではあったが、音楽という夢を抱き日々葛藤する主人公たちの生き方は、まさに近藤さん自身が歩んできた道。「種田ほどナイーブではなかったけれど、彼のバンドに懸ける想いは共感できる。音楽に夢を持っているのは大いに共感できますね」と自らの過去をふり返る。
「僕も(種田と同じで)大学を卒業して、バイトをしながらバンドを続けていました。ライヴハウスでライヴをやっても1曲目はお客さんはゼロ、2曲目から1人2人…みたいな状況で(苦笑)。それって普通ならへこみますよね。でも、僕はそれを挫折だと思ったことは一度もない。人気がないとか、デビューのきっかけがつかめない、というのは挫折ではなかったんです」。ちなみに、近藤さんもオファーが舞い込む前から原作を読んでいたそうで「近藤さんにそっくりなベーシストが出てくるマンガがあるよ」と、ファンから教えてもらったのが原作との出会い。

ビリーに自分と同じ匂いを感じた桐谷さん同様に、近藤さんと加藤という役も同じ匂いをまとっていたというわけだ——。

※インタビュー全文はシネマカフェSweet『ソラニン』特集にてご覧いただけます。

シネマカフェSweet「『ソラニン』 素晴らしきマンガワールド特集」
http://www.cinemacafe.net/sweet/solanin/vol02.html



stylist:Yusuke Okai/hair & make:SHUTARO(vitamins)[桐谷健太]
stylist:Naohiro Matsunoshita/hair & make:Naomi Kawai[近藤洋一]
《photo:Yoshio Kumagai / text:Rie Shintani》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top