【沖縄国際映画祭】盛況を数字で検証&総括! 来年は伊東美咲、ウッチーも来場?

最新ニュース

沖縄国際映画祭 photo:Yoko Saito
  • 沖縄国際映画祭 photo:Yoko Saito
沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンターほかを会場に、世界に通じるテーマ“Laugh&Peace”を伝える作品を上映し3月28日(日)に閉幕した第2回沖縄国際映画祭。第1回を上回る大盛況ぶりを、同映画祭の実行委員会(吉本興業ほか)が発表した数字からふり返った。

会期は昨年の4日間からプレイベント期間も含めて9日間と2倍以上に延び、延べ来場者数は11万人から38万人と約3.5倍に。1日あたりの来場者数は2万7,500人から4万2,000人。主催の中心、吉本興業の目標だった「30〜50万人」を達成し、映画祭の認知度を広めて集客に成功した形だ。

上映作品は国内外の新作、吉本所属のタレントの監督作を合わせて94本。そのうち賞の対象になる長編プログラム作品には150本の応募から選出した26本を上映した。昨年は賞を争うコンペティション部門に80本の応募があり8作品を選出。優れた作品の上映、もしくは新しい才能の発掘などの映画祭の機能も強化された。

レッドカーペット・イベントで歩いたゲストは昨年の90人から194人と倍増。逆にカーペットの長さは250メートルから150メートルになった。期間中に出演した吉本所属の芸人数も昨年の169人から123人に減少。とはいえ、吉本以外の俳優、女優、監督が多数出演した。実行委員会ではそちらの数字の発表はしていない。取材媒体は100媒体350人。昨年の100媒体250人から人数は膨らんでおり、注目度も高まったようだ。

同社の大崎洋社長は、オープニングセレモニーで「100回、200回と続けたい」と宣言し、クロージングでは「語呂がいいから100回、200回」とトボけながらも意欲的に取り組む姿勢を見せた。第3回の開催は決定しており、2011年3月19〜28日と1日期間延長の予定。今年、前回以上の盛況ぶりを見せただけに、イベント色の強い映画祭としてスケールアップが期待できそうだ。

その一方、実行委員会の1社、パチンコメーカーの京楽産業の榎本善紀社長は打ち上げの席で「来年は妻と子供を連れてきます」と挨拶。昨年11月に入籍した愛妻で現在、第1子を妊娠中で今夏に出産予定の女優・伊東美咲を伴った、一家3人での参加を表明。負けじと(?)、吉本興業の社員、木本公敏氏も「来年は妻と子供を連れてきます」と愛妻で、現在第1子を妊娠中で、まもなく出産予定の元フジテレビのアナウンサーのタレント、内田恭子の同伴を予告。関係者を大いに喜ばせた。第3回は2人のミューズ降臨で、ますます大盛況となるか?



沖縄国際映画祭現地レポート
http://www.cinemacafe.net/special/okinawa2010
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top