窪塚洋介、質疑で珍回答「パッと思いつかないんでメールします」

最新ニュース

『東京島』完成報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『東京島』完成報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『東京島』完成報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『東京島』完成報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『東京島』完成報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『東京島』完成報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『東京島』完成報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『東京島』完成報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『東京島』完成報告記者会見 photo:Yoko Saito
映画『東京島』(篠崎誠監督)の完成報告会見が4月7日(水)、東京・銀座のエルメス銀座店で行われ、主演の木村多江、共演の窪塚洋介らが出席。“孤島”ロケのエピソードを語った。

人気作家、桐野夏生の同名小説を原作に、孤島に漂着した平凡な主婦・清子(木村さん)が、島で唯一の女性となりながら夫の死後も若者23人の中で生き抜く姿を通じ、女性の根本的な強さを描くサバイバルストーリー。昨年10月に行われた沖縄と鹿児島・沖永良部島、徳之島での約2週間のロケをふり返り、木村さんは「岩場を歩いたり撮影現場に行くまでが大変で、毎日こむら返りになりました」と苦笑いしつつ「でも、いままでにないタフさを経験し、新しい自分に出会えた」と充実の笑顔。清子役に「これまで、みなさんのイメージもそうだと思いますがネガティブな役が多かったので、なぜ私? と思いましたが、島に行ったら私も生きるために本性をむき出しにすると思う」と共感を寄せた。

窪塚さんは、若者23人のうちただ1人、清子に敵対心を抱く変わり者のワタナベ役。ロケ中は「車を借りて島を周り、コーディネーターができるくらいになった。ビーチが本当にきれいで人が来ないし楽園のようだった」とオフを満喫した様子。旅に必要なアイテムを聞く質問には「パッと思いつかないんで、(思いついたら)メールします」と持ち前の率直な物言い。共演の福士誠治から「そういう答え、アリなんだ?」と妙に感心されていた。旅にちなみ「初めて海外旅行に行ったとき、友達に騙されて『印鑑を絶対持っていけ』と言われて持っていったけど、いつ使うんだろう? と思い続け、結局使わなかった」と失敗談も披露。会場の笑いを誘った。

会見では、本作がフランスの高級ブランド「エルメス」のシルクスカーフ「エルメス・カレ」とコラボレーションすることが発表された。エルメスと日本映画のコラボは初の試み。カレは劇中、清子ら登場人物が様々な使い方をすることで“活躍”する。この日、木村さんらはエルメスのスカーフを身につけて登場した。カレの東京島スペシャルカラーが同日から銀座店で、翌8日(木)から全国のエルメスショップで発売。

『東京島』は今夏、全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top