入来茉里が過酷な“船酔い”撮影中、賀来賢人は…? 『海の金魚』初日舞台挨拶

最新ニュース

『海の金魚』 初日舞台挨拶
  • 『海の金魚』 初日舞台挨拶
映画『海の金魚』が4月10日(土)に公開を迎え、東京・新宿バルト9にてキャストの入来茉里(いりきまり)、田中あさみ、賀来賢人、白石隼也、柄本時生、監督の雑賀俊郎が出席して初日舞台挨拶が行われた。

鹿児島で行われるヨットレースに参加する高校生たちの青春を描いた本作。ヨットにつきものの船酔いについて、海を愛する主人公のミオを演じた入来さんは「走るヨットにぶら下がるシーンは大変でしたし、長くカメラが回っていたので余計に辛かったです」と過酷な撮影をふり返った。その間、賀来さんは「柄本くんと2人で遊んでました」と明かし会場を笑わせた。

撮影に向けて1か月間合宿を行った5人。そのときの様子について聞かれると「ラーメン屋にひたすら行きましたね」(賀来さん)、「男子3人だけで焼き肉も行きました」(柄本さん)と男性陣はトレーニングよりも食の話に。田中さんも負けじと(?)「女子チームで“しろくま”(鹿児島名物のかき氷)を食べました!」とこちらも鹿児島名物を堪能した様子。

これから映画を観る人々に向けて、入来さんは「みんなで頑張ったので、自信を持って『観てください』と言える作品です」と誇らしげに語った。柄本さんは「実際にヨットに乗ってるシーンがかっこいいのでそこを見てください」と語り、白石さんは「ヨットを教えていただいた方から『いまのヨット界は若者が少ないのでぜひ盛り上げてください』と言われました。興味を持ってもらえるように頑張りました」と、映画とあわせてヨットの良さをアピールする一幕も。

最後に雑賀監督が「『海の金魚』は今日、この場所から船出をします。小さな金魚が大きな魚に変わる奇跡が起きるかもしれません」と語り舞台挨拶を締めくくった。

また、上映後には本作の主題歌「涙の海」を歌う吉田山田によるミニライヴが行われ、会場は大きな盛り上がりを見せた。

『海の金魚』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top