三浦友和&百恵の次男、中井貴一のアドバイスに感銘

最新ニュース

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』完成報告会見 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』完成報告会見 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』完成報告会見 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』完成報告会見 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』完成報告会見 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』完成報告会見 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』完成報告会見 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』完成報告会見 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』完成報告会見 photo:Yoko Saito
映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の完成報告会見が4月12日(月)、東京會舘で行われ、主演の中井貴一、本作で俳優デビューする、三浦友和と元歌手・百恵さんの次男・三浦貴大(たかひろ)らが出席した。

島根県を舞台に、一流企業に勤め家庭を省みることのない50歳を目前にした主人公・筒井肇(中井さん)が母の病をきっかけに人生を見つめ直し、夢だった電車の運転士を目指す物語。ヒットシリーズ『ALWAYS 三丁目の夕日』を手掛けたROBOTの代表取締役社長・阿部秀司氏が製作総指揮を務めている。三浦さんは、ケガのためプロ野球選手になる夢をあきらめた青年役。

中井さんは開口一番「貴大、ファイト!」と三浦さんの出演CM「リポビタンD」のキャッチフレーズを前振り。三浦さんが「一発」と照れながら応じると「がんばれ」と、また声をかけ“後輩”の緊張をほぐす気遣い。

初の映画撮影をふり返り、三浦さんは「一番多かったのは中井さんと同じシーン。いろいろ教えていただきましたが、『自分の思った通りにやるのがいい』と言っていただいたのが一番印象に残っています。これからも大事にしていきたい言葉です」と感銘を受けた様子。自身の夢については「高校生の頃は体育教師になりたかったけどそれほどでもなかった。大学生になり、俳優になりたいと思うようになった」と話した。

昨年7、8月に1か月強、島根県でロケを敢行。同県出身の錦織良成監督とキャストのひとり、佐野史郎はロケ中に続き、この日も同県の良さをPR。中井さんは「最初は正直、監督の島根話にドン引きしました。聞いていると日本の偉人のほとんどは島根から出ている。そんな訳ないだろ! と」と笑わせつつ「でも、食べ物は美味しいし、人が温かくてとてもいいところでした」。共演の高島礼子も「私が一番自由時間が多くて、中井さんから『神話の国、出雲について調べてきて』と指令を受け、神社とかところどころ回りました。島根のファンになりました」とそろって島根を満喫した様子だった。

一方、電車への興味を聞く質問に、中井さんは「ないです」。高島さんも「興味なかったです」とキッパリ。会場の笑いを誘っていた。

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』は5月29日(土)より全国にて公開。

(photo/text:Yoko Saito)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top