史上初! 奈良・薬師寺で映画奉納式 『春との旅』仲代達矢「60年間で初めて」

最新ニュース

『春との旅』 映画奉納式
  • 『春との旅』 映画奉納式
老人と孫娘の旅を通して生きることについて問いかける映画『春との旅』。関係者、ファンに感謝の意を伝えるべく、4月15日(木)に主演の仲代達矢と小林政広監督が出席し、奈良県の薬師寺にて、初めての試みとなる映画奉納式が行われた。

仲代さん演じる元漁師の忠男は自分の人生の“終着点”を求め、孫の春と共に旅に出る。今年は平城京遷都1300年という記念すべき年となるが、奈良はシルクロードにおける“東の終着点”ということで、本作に相通じるものが…。国宝・薬師三尊像が祀られる金堂にて、2人は映画の台本、本編が入ったDVD、ポスターなどを奉納。仲代さんは「俳優になって60年にもなりますが、こういう行事は初めての出来事。我々が作った映画が奉納されるっていうことは非常にありがたい」と喜びを噛み締めた。

薬師寺を訪れるのは20年ぶりとなる仲代さん。薬師如来像を前にして「自分が何者かを追求することが哲学と言っているが、もしかしたら仏法に繋がるのではないかと思っている」と思いを語った。

最後に「当分、キャンペーンでずっと働きます(笑)」と意気込みを見せてくれた仲代さん。それに対し小林監督も「公開まで1か月ですが、いいきっかけで一人でも多くの人に観てもらえるような状況になったと思う。どうぞよろしくお願い致します」と改めて祈願した。

『春との旅』は5月22日(土)より新宿バルト9、丸の内TOEI2ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top