竹内結子 初海外ドラマの共演米俳優のベタ褒めに「大丈夫? 何てこと」

最新ニュース

『FLASHFORWARD/フラッシュフォワード』記者発表会 photo:Yoko Saito
  • 『FLASHFORWARD/フラッシュフォワード』記者発表会 photo:Yoko Saito
  • 「フラッシュフォワード/FLASHFORWARD」記者発表会見
  • 「フラッシュフォワード/FLASHFORWARD」記者発表会見
  • 「フラッシュフォワード/FLASHFORWARD」記者発表会見
  • 「フラッシュフォワード/FLASHFORWARD」記者発表会見
  • 「フラッシュフォワード/FLASHFORWARD」記者発表会見
  • 「フラッシュフォワード/FLASHFORWARD」記者発表会見
  • 「フラッシュフォワード/FLASHFORWARD」記者発表会見
女優、竹内結子が4月20日(火)、東京・六本木のグランドハイアット東京で行われた、海外ドラマ初挑戦の海外ドラマ「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」の会見に出席。共演の米俳優、ザカリー・ナイトンから「エキサイトな才能を持った女優」と大絶賛された。

突然、世界中の人々が2分17秒、気を失い、その間に半年後の自身の姿を見るというミステリー現象が起きた中、謎の解明に乗り出し未来を変えようとする人々の姿を描く。カナダのSF作家、ロバート・J・ソウヤーの同名小説を原作に、米三大ネットワークのひとつ、ABCが大ヒットドラマシリーズ「LOST」の後釜番組として企画。米国では昨年9月から放送がスタートしていた。

竹内さんは、ザカリー扮する外科医ブライスが自殺しようとした瞬間に見た半年後の世界で出会い、希望をもたらす女性ケイコ役。共演の感想を、ザカリーは「共演が決まり、竹内さんの出ている映画を観て勉強しました。最初は言葉も通じないからどうかな? と思ったけど、私たちはとても楽しく共演することができました。エキサイトさせる才能を持った素晴らしい女優さん。日本で人気があるのも分かります。英語の台詞を話すところも素晴らしかった」とベタ褒め。

映画『ヒッチャー』(2007年版)などでも活躍するハリウッド俳優からのお褒めの言葉に、竹内さんは「ザカリーさんはたくさんの褒め言葉を知っていて、すごく褒めてくれる。でもこんなに褒められて大丈夫なんだろうか、と。何てことでしょう。嬉しいです」と大テレ。一方で、初めての海外ドラマの撮影をふり返り、「審査が通って、最初は嬉しい、楽しいより不安の方が大きかった。撮影も毎日緊張しながらでした。ちょっとしたひと言が伝えられないもどかしさを感じたのが一番の苦労でした」と苦笑い。ハリウッド進出の意気込みを聞かれると、「なるといいけど、もう少し竹内、勉強しよって感じです」と英会話の習得を誓っていた。

ドラマ「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」は海外ドラマ専門チャンネルAXNにて7月25日(日)より日本独占放送



「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」
7月25日(日)よりAXNにて日本独占放送
公式サイト:http://axn.co.jp/flashforward/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top