竹内結子、海外ドラマ初挑戦作試写会でネタばれトーク寸止め

最新ニュース

「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」プレミア試写会 photo:Yoko Saito
  • 「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」プレミア試写会 photo:Yoko Saito
  • 「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」プレミア試写会 photo:Yoko Saito
  • 「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」プレミア試写会 photo:Yoko Saito
  • 「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」プレミア試写会 photo:Yoko Saito
  • 「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」プレミア試写会 photo:Yoko Saito
  • 「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」プレミア試写会 photo:Yoko Saito
  • 「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」プレミア試写会 photo:Yoko Saito
  • 「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」プレミア試写会 photo:Yoko Saito
竹内結子が4月20日(火)、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた、初挑戦の海外ドラマ「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」プレミア試写会で、メーンキャストの米俳優、ザカリ—・ナイトンと舞台挨拶。ネタばれトークを寸前で回避した。

突然、世界中の人々が2分17秒の間、気を失い、その間に半年後の自身の姿を見る不可解な現象に見舞われた現代を舞台に、“目撃”した未来に挑む人々の姿を描く本作。竹内さんは、ザカリ—扮する外科医ブライスが自殺しようとした瞬間に見た、半年後の世界で出会い、希望をもたらす女性ケイコ役。

全米では昨年9月から今年にかけて放送。この日、竹内さんとザカリ—扮する男女が劇中で出会う場面の特別映像も一般に公開。良いムードを感じさせる2人の表情が大きなスクリーンに映し出され、司会者からその後の展望について、2人が結ばれる予感がする? と聞かれた竹内さんは「します! 恋なのではないでしょうか?」と素直に反応。続けてザカリ—に「これは恋ですか?」と日本語で質問し、通訳を通して理解したザカリ—から、耳元に手を寄せられ「……」と何やら耳打ちされると、「あ〜」と納得。「言ってはなりませぬ、とのことです」とネタばれトークを回避した。

竹内さんとザカリ—はトーク中、何度も視線を交わすなど、すっかり打ち解けた様子。ザカリーは「言葉の壁を乗り越えて、どんどん仲良くなった。日本からはるばる撮影のためにロサンゼルスに来て、大きなスタジオ、爆発も起こるセット、大勢のスタッフと、まさにハリウッドのスタジオで見事な演技をしてくれた。結子の勇気、強さに感動した」と絶賛。照れくさそうに聞いていた竹内さんは、もし劇中同様、半年後をフラッシュフォワード(未来視体験)するなら何を見たい? の問いに「もっと英語を話せるようになっていて、願わくばもう1回、この作品に呼ばれたいなー」とこの日の昼に行われた会見時には見せなかった、ハリウッド進出欲を口にした。

ドラマ「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」は海外ドラマ専門チャンネルAXNにて7月25日(日)より日本独占放送



「FLASHFORWARD/フラッシュフォワード」
7月25日(日)よりAXNにて日本独占放送
公式サイト:http://axn.co.jp/flashforward/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top