『苦い蜜』金子昇インタビュー 運命の探偵役? ビートルズとの意外な接点を明かす

最新ニュース

『苦い蜜 〜消えたレコード〜』  金子昇
  • 『苦い蜜 〜消えたレコード〜』  金子昇
  • 『苦い蜜 〜消えたレコード〜』  金子昇
  • 『苦い蜜 〜消えたレコード〜』  金子昇
始まりはビートルズの幻の名盤「ブッチャーカバー」の紛失。事件は一応の収束を見るが、その1年後、探偵を名乗る男が現れ…。彼の口から語られる“もうひとつの物語”。事件の真相は? 『苦い蜜 〜消えたレコード〜』は“大人の密室劇”と呼ぶにふさわしい重厚なるミステリー。探偵役をおおせつかったのは、映画に舞台に幅広い活躍を見せる金子昇。元々、ビートルズファンという金子さんが作品の魅力をたっぷりと語ってくれた。

「白衣のビートルズ」がこの映画に最初につけられたタイトル。「それを聞いた瞬間に、脚本を読まずに『出たい!』って思いましたね」。そう語る金子さん、16歳のときからビートルズファンというが、実は、いまこうして俳優をやっていることにも、ビートルズの存在が密接に関わっているとか…。
「ずっとバンドをやってたんですが、あるときビートルズがビートルズになる以前の物語を描いた『バックビート』という映画を観たんです。それを観て『あぁ、役者って面白いかも』と思って俳優を志すようになったんです」。

亀田幸則監督は、本作の全ての登場人物に関して、自身の周囲に実在する人間をモデルにしたそうだが、唯一の例外が金子さんが演じた探偵役。監督による完全なオリジナルのキャラクターだとか。
「実はそれ、今日初めて聞いたんですよ。誰もモデルにしていない…ということは、この役は監督自身なんだなと勝手に思ってます(笑)。でも、撮影のときも監督はあまり多くは語らなかったですね。ただ、僕はこの作品のクランクインの直前まで、どっぷり4か月間、ニューハーフの役に浸かっていたので、そういう動きが空気感が出てしまうかもしれないと思った。そこは、監督の方で指摘してくださいとお願いしました」。

“探偵役”という、なかなか演じる機会のない役柄とあって、準備段階から楽しめたのでは? と尋ねると苦笑いを浮かべつつこんな答えが。
「そう、探偵役と聞いて、僕の方もあれこれ想定して『古畑任三郎タイプか? それともコロンボか? いや、コナンくんか?』と探りつつ、キャラクターを考えてたんですが…。まあ、映画を観てもらえれば分かりますが、僕の演じた探偵は、決して“推理、推理”って感じのいかにもな探偵ではないんですね。何も下調べなく乗り込んでいく感じで。準備していった古畑やコロンボはほぼ役に立たなかったですね…(笑)」。

物語の内容は…と、これは観てのお楽しみ! ただ、少ない人数での密室劇とあって、会話のやり取りが大きな見どころ。この点に関して金子さんは「舞台の経験が生きた」と明かす。
「僕の演じた三影というキャラクターに関しては、あまり色を出し過ぎない方がいいなと思い、相手のセリフをどう受けて返すかに集中しました。そういう点で舞台のノリでした。自分がでしゃばらない方が——普段はいろいろとやりたがるんですが(笑)——周囲も物語も活きるな、というカンが働いたとでも言うのかな…。いろいろやりたい衝動はありましたけどね(笑)」。

映画に携わるようになっておよそ10年。演じていてこうした余裕が生まれてくるのも成長の証と言えるかもしれない。本人に以前との作品への取り組み方の違いや成長について尋ねてみた。
「まあ、確かに焦らなくはなりましたね。以前はようやく役をもらって『もっと売れないと!』という意識が先行してたけど、いまは『楽しみたい』という気持ちもあって…。とはいえ、まだまだ選べる立場じゃないですよ! だから、受けた仕事の中でどう楽しみを見つけるか? という感じですね。現場の空気感を楽しむのか? 会話のキャッチボールを楽しむのか? それとも打ち上げを楽しむのか…(笑)? 中には、最初読んで『これが面白いのか?』という脚本もありますよ。でも、やっていくうちにそれが本当に面白くなっていったりする。『俺、読みきれてなかったな。俳優で、演出のひと声でこんなに変わるのか?』とかそういうことがいまだにあるんです。いや、以前は感じられなかったけど、いまだから感じられるようになったのかもしれないですね」。

最後に質問。ビートルズで最も好きな楽曲をひとつだけ選ぶとしたら?
「無理! 選べないですよ。うーん、ジョンが歌ってる曲全て…かな(笑)。どちらかというと初期の…いや、そうとも言えないな…」と結局答えは出ず。写真撮影の間も、この日一番の難しい顔をして悩みに悩んでいた金子さんだった。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top