成海璃子×北乃きいインタビュー 悩みながら疾走する10代後半の2人の“いま”

最新ニュース

『武士道シックスティーン』 成海璃子×北乃きい
  • 『武士道シックスティーン』 成海璃子×北乃きい
  • 『武士道シックスティーン』 成海璃子
  • 『武士道シックスティーン』 -(C) 2010映画「武士道シックスティーン」製作委員会
  • 『武士道シックスティーン』 北乃きい
10代後半の同世代の女優の中でも群を抜く活躍を見せ、映画にCMに引っ張りだこの2人、成海璃子と北乃きいの共演作『武士道シックスティーン』。剣道を通じて繋がり、時に火花を散らす全くタイプの違う2人の女子高生。成海さん、北乃さんはそれぞれどのような思いで演じたのか? 互いの印象などを含め2人のインタビューをお届け!

3歳から剣の道を歩み、鍛錬を積んできた磯山香織(成海さん)とお気楽女子高生を地で行く西荻早苗(北乃さん)。それぞれの役柄をどのように捉えたか? という質問に成海さんからは「演じているときは、私自身が磯山なので…演じている自分を客観的に見たことはないですね」との答えが。ちなみに、これは撮影を通しての北乃さんとの関係にも言えることのよう。
「正直、女優として、とか久しぶりに共演して新しい発見が、といった感じではなく、“西荻”にしか見えなかったですね」。

自らを律するような口調で言いつつも、北乃さんをチラリ…そしてこんな言葉を…。
「でも、優しいんですよ。試合のシーンの撮影のときに、お茶を持ってきてくれたり。思わず『ありがとう』って(笑)」。

北乃さんも「(撮影中は)璃子とかきいとかいう感じで見てはいなかった」と言いつつ、中学生の時代から知る成海さんについて、改めてこう語る。
「お茶のことは実は覚えていなくて(苦笑)、でも、璃子ちゃんの方が昔から気を遣える人だな、という印象が強いです。私が璃子ちゃんの靴下、かわいいね、って言ったら翌日、同じものを買ってきてプレゼントしてくれたり。すごくハードで忙しい中でも、そういうことができるんです。そうやって、周りが喜ぶ顔を見て、笑顔を浮かべる璃子ちゃんが一番好きなんです」。

撮影当時、成海さんは役柄と同じ16歳。自身と同じ年代、特に10代後半というこの移ろいやすく、そしてかけがえのない年齢を演じることに特に意識は? そう尋ねると、成海さんは「うまく言葉に出来ないんですが…」と前置きしてこんな言葉を…。
「まず、原作を読んで『磯山をやりたい!』って気持ちになって…“いま”だから、という気持ちにはなりましたね。うまく言えないけど、いまなら自分の中にある、と感覚的に」。

その言葉を引き取り、北乃さんもこう語る。
「私はいつも、等身大の役に対してこれは“いま”しか出来ないって気持ちでやってます。その歳の感情ってそのときしか出てこないものだと思うから。特に、10代って変化しやすくて、そういう部分を大事にしたい。だからいまもう一度やれって言われても出来ないと思うし、そう考えると、本当に“あのときだから”という役だったんですね」。

傍から見れば、二十歳を前に着実に、成功への階段をしっかりと歩んでいるように見える2人だが、磯山や西荻のように悩んだり、壁にぶち当たることは? と尋ねると、成海さんはまたしても少し困り顔。
「毎日、悩んでます…。日々考えて、迷って生きていくしかないのかな…」とポツリ。

すると、北乃さんはキリリとした表情でこう語ってくれた。
「私は悩んでる自分は好きじゃないんだけど…でも、苦戦して、悩んでいる人は何にも悩まないで生きている人よりも魅力的だと思います。このあいだ、友達と会ったら『生きるって辛いよね』って言ってて『そりゃ、死ぬ方がラクだよ』って(笑)。そういうこと考える歳なんですかね? 私自身、これまでにターニングポイントと言えるときがあったし、でもそれを過ぎてもやっぱり悩みは尽きないし。だから…悩むのも悪くないな、と思えてきました」。

どこか対照的で…でもしっかり繋がっていて、と並んでそれぞれに発する言葉を聞くと“刺激的”という言葉がぴったりの2人。最後にこれからの“女優人生”について尋ねると…。
「“女優人生”じゃないです。ただの“人”なんで。最近は、人として誠実に生きたいと思ってます」(成海さん)

「女優人生って言っちゃうとひとつだけしかない。ひとつじゃ、足りなくて生きているうちにいろんなことやりたいです。やりたいことを死ぬまでやり遂げたいって気持ちを大事にしたいです」(北乃さん)

瞳の強さは2人とも全く同じだった。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top