豊川悦司 殺陣シーン撮影後「肉を食べる気にどうしてもなれず」

最新ニュース

第1回日本シアタースタッフ映画祭 photo:Yoko Saito
  • 第1回日本シアタースタッフ映画祭 photo:Yoko Saito
  • 第1回日本シアタースタッフ映画祭 photo:Yoko Saito
  • 第1回日本シアタースタッフ映画祭 photo:Yoko Saito
  • 第1回日本シアタースタッフ映画祭 photo:Yoko Saito
  • 第1回日本シアタースタッフ映画祭 photo:Yoko Saito
  • 第1回日本シアタースタッフ映画祭 photo:Yoko Saito
  • 第1回日本シアタースタッフ映画祭 photo:Yoko Saito
  • 第1回日本シアタースタッフ映画祭 photo:Yoko Saito
豊川悦司が4月23日(金)、東京・千代田区のサイエンスホールで同日始まった、第1回日本シアタースタッフ映画祭で主演映画『必死剣鳥刺し』(平山秀幸監督)の舞台挨拶を行った。

こちらの映画祭はエントリーした全国の映画館スタッフ688人以上が準備、運営する映画祭で、本作は今年公開の「期待作10選」の1本として上映。藤沢周平の同名短編小説を原作に、必勝技「鳥刺し」を操る剣豪の武士・兼見三左エ門が藩政の謀略に翻弄されながら武士道を歩み生きようとする姿を描く。上映後、温かい拍手に迎えられた豊川さんは、演じた役柄にちなんで、最近あった“ままならないこと”を司会から聞かれ、「基本的にストレスを感じないようにしているので、ないですね」と微笑。クライマックスの約15分に及ぶ立ち回りシーンの撮影後に「みなさんで食事に行きましたが、肉を食べる気にどうしてもなれなかったので、魚と野菜で済ませました」と明かし、観客の笑いを誘った。

一方、同映画祭の名誉会長として漫画家の松本零士氏も来場。「手塚治虫さん、石ノ森章太郎さんと私は自称日本三大映画マニア。アニメ(映画)はいくつもやりましたが、劇映画は1本(『元祖大四畳半大物語』)だけですが、撮影中にアキレス腱を切ってしまった。これまで観たものを注いだ1本を作りたいという夢の中を走り続けています」と監督2作目への意欲を熱く語った。

同映画祭は4月25日(日)まで開催。最終日の25日に既に発表されているグランプリ、各賞の授賞式が行われる。

『必死剣鳥刺し』は7月10日(土)より全国にて公開。



第1回日本シアタースタッフ映画祭
http://www.timesin.com/eigakan/filmfestival/index.html
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top