ガッキー主演『ハナミズキ』 釧路での開始から延べ5か月…カナダでクランクアップ

最新ニュース

『ハナミズキ』オールアップを迎えた新垣結衣
  • 『ハナミズキ』オールアップを迎えた新垣結衣
  • 『ハナミズキ』撮影の一幕
  • カナダ・ルーネンバーグの灯台での撮影
新垣結衣と生田斗真の共演作として注目を集める映画『ハナミズキ』が、4月23日にカナダ・ノバスコシア州のルーネンバーグにてクランクアップを迎えた。

海外で働くことを夢見て北海道から東京の大学へ進学する紗枝(新垣さん)と、高校時代に彼女と恋に落ちるも北海道に残ることを決意する康平(生田さん)の純愛を描いた本作。別々の道を歩みつつも互いを変わらず大切に想う2人の10年に及ぶ愛の軌跡が綴られる。

昨年の9月下旬に北海道の釧路でクランクイン。その後、東京、ニューヨークと撮影は続いてきた。生田さんは釧路で、紗枝の大学の先輩を演じる向井理と紗枝の母親役の薬師丸ひろ子の両名はニューヨークにてそれぞれ撮影を終えていたが、新垣さんはその後、単身カナダに渡り、紗枝にとって重要な意味を持つこの国でオールアップを迎えた。

新垣さんは「かなり遠方でのロケや、(新垣さん以外のキャストは)海に出ての撮影もありましたが、大きな事故などなく、無事に終えることができてホッとしています」と5か月の長きにおよぶ撮影を終えたばかりにもかかわらず、まず周囲、チームへの気遣いのコメント。さらに「役者としても人としても、色んな景色を見せてもらえたし経験をさせていただきました。出来上がりを私自身も楽しみにしています。観てくださった方が穏やかな気持ちになってもらえるような作品になればいいなと思っています」と語った。

土井裕泰監督は「3か国にまたがる長い期間の撮影を無事に終えることができて、いまは、ただただホッとしています。長い旅につきあってくれた全てのキャスト、スタッフに感謝しています」と感謝の言葉を述べた。

那須田淳プロデューサーは、最終ロケ地となったカナダ・ルーネンバーグについて「この地は、紗枝が初めて訪れた自分の生まれ故郷。父、母、そして恋人、愛するそして愛してくれた大切な人たちの想いと願いに導かれやってきた日本から遠いこの場所に、ハナミズキに彩られた奇跡が彼女を待っています」と明かし、新垣さんの演技についても「クライマックスを迎えるこの場所で、新垣さんの演技は、カナダの美しい大自然を背景に見事にマッチした最高のお芝居で、それこそ奇跡としか言えないような素晴らしいシーンを生み出してくれました。やはり、彼女はここ一番、持ってる女優さんだなあと思いました」と絶賛。そして「一青窈さんの『ハナミズキ』をモチーフに製作してきたこの映画ですが、この曲の歌詞の一言一言が全ての人の心にしみるように、全てのシーンが全ての人の心に響く映画になると思います。心の深いところに届く作品です。公開日を楽しみにお待ちください」と完成に向けて力強いコメントを発した。

映画『ハナミズキ』、完成は6月下旬を予定。公開は8月21日(土)より全国東宝系にて。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top