『鉄男』最新作にニューヨーカー熱狂! 予想外の大音響に騒然

最新ニュース

塚本晋也監督とエリック・ボシック
  • 塚本晋也監督とエリック・ボシック
  • 塚本晋也監督とエリック・ボシック
塚本晋也監督最新作『鉄男 THE BULLET MAN』が“北米プレミア”と銘打って、開催中の第9回トライベッカ映画祭において4月25日(現地時間)に上映された。

SOHO近くの「イーストヴィレッジ・シネマ」にて行われたこの日の上映会には、10代の若者を中心としたニューヨーカーが数多く駆けつけた。先日、活動休止中のインダストリアルバンド、ナイン・インチ・ネイルズ が本作のエンディングテーマを担当することが発表されたが、この日はそのエンディングテーマが入った本編が世界で初めて上映された。この楽曲を含む大音響と映像の迫力に、ニューヨーカーたちも相当驚いたよう。多くが旧作の『鉄男』シリーズは未見という若者たちの口からは「COOL!」など作品を讃える声が聞かれ、上映後のティーチインも大きな盛り上がりを見せた。

渡米中の塚本監督は「僕としては、いよいよ最後になる“鉄男”を作り上げ、そしてナイン・インチ・ネイルズの方はライヴ活動を止め、活動休止というニュースがあった矢先のこの2010年、お互いに“鉄男”を媒介に合体できたことは、本当に意味があると感じています。初上映の今日、このニューヨークから、一緒に全世界に飛び出せて嬉しいです。(バンドの中心人物である)トレント・レズナーさんが“電子のコブシ”をビンビン効かせて頑張ってくれた。この曲をいただいてどのように使うか考えていた時期、自然と口ずさんでいました(笑)」とエンディングテーマ入りの上映にご満悦の様子。

一方、本作の谷島正之プロデューサーからはこんな苦労話も…。「(ナイン・インチ・ネイルズが)曲を書いてくれると言って待つこと、ゆうに1年。ついこの前の2月、何の前触れもなく、ある日突然、曲が送られてきました。さすがスーパースター、スケジュール無視。そしてエンディングを丸々作り変え、今週頭の4月19日に完成させ、慌ててフィルムを25日に上映するべく、こちらに送りました」。

主演のエリック・ボシックは「撮影は、肉体面よりも精神面で想像以上に過酷でした。自分の息子を失うという非常に暗い体験をするので、その重い表現をするため、自分の過去の傷を開かなくてはならず、しかも9か月間の撮影期間中ずっとでした」とふり返ったが、その苦労もこの日の大盛況で報われたようだ。

『鉄男 THE BULLET MAN』は5月22日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top