安田成美、中村獅童、臼田あさ美ら ハッチ声優陣発表 小森純は彼氏の存在を再び発表

最新ニュース

『昆虫物語みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜』アフレコ  photo:Yoko Saito
  • 『昆虫物語みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜』アフレコ  photo:Yoko Saito
  • 『昆虫物語みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜』アフレコ  photo:Yoko Saito
  • 『昆虫物語みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜』アフレコ  photo:Yoko Saito
  • 『昆虫物語みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜』アフレコ  photo:Yoko Saito
  • 『昆虫物語みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜』アフレコ  photo:Yoko Saito
  • 『昆虫物語みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜』アフレコ  photo:Yoko Saito
  • 『昆虫物語みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜』アフレコ  photo:Yoko Saito
  • 『昆虫物語みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜』アフレコ  photo:Yoko Saito
名作アニメの生誕40周年記念映画『昆虫物語みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜』の主な声優陣が5月9日(日)、配給元の松竹より発表された。既に発表されていた主人公の少女・アミィを演じるアヤカ・ウィルソンのほか、ハッチの母でミツバチの女王を安田成美、昆虫仲間のカマキリを中村獅童、フンコロガシを小森純が演じる。

前日に都内のスタジオで行われたアフレコ収録にアヤカさん、小森さん、コガネムシ役の板東英二が参加。小森さんは今回が声優初挑戦で、「マジ手汗が出た。こんなに緊張するとは思わなかった。でも言われた通り、やることはやったので80点」とユルめの自己採点。「役が男の子(オス)なんですよ。この声質だからしょうがないですけど。今後、声優の仕事は声質的に来ないと思います」と低めのハスキーボイスで自嘲的な笑い。

声優の仕事は3度目のアヤカさんは「虫の世界は初めてだったのでワクワク感を楽しめました」と笑顔を見せ「ハチには怖いイメージがあったけど、今回の台本を読んで、すごい役割を負っていて地球にとって大切な存在なんだと分かりました。でもいま、数が減ってきているということなので、増やせていけたらと思います」と超優等生発言で小森さん、板東さんもビックリ。

一方、小森さんは4月25日放送のTBS系情報番組「サンデージャポン」で、「彼氏ができました!」とハチミツのように(?)甘くとろけるような笑顔で発表し、「でもいま、音信不通なんです」と衝撃発言。その苦い告白について聞かれると「超ハッピーですよ。音信不通ですけど。電話すると直留守」と再び謎の告白。「友達で長く付き合っていて、完全な彼氏彼女の関係になったのは最近です」と馴れ初めをざっくり説明した。ちなみに、同じ25日付けの自身のブログで「彼氏が1,000円かけてとってくれました」と綴り、その“プレゼント”のぬいぐるみを写真で紹介している。

ほかの声優陣は、ハッチを声優の齋藤彩夏、イモムシを田中直樹(ココリコ)、テントウムシを臼田あさ美、おばさんクモを柄本明。

『昆虫物語みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜』は、母を捜すハッチと、虫と話ができる不思議な少女アミィ(アヤカ)の旅を描く物語。7月31日より全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top