徳永えり 大ベテランの贈る言葉に感涙

最新ニュース

『春との旅』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『春との旅』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『春との旅』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『春との旅』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『春との旅』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『春との旅』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『春との旅』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『春との旅』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『春との旅』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
女優の徳永えりが5月11日(火)、東京・千代田区のよみうりホールで行われた出演映画『春との旅』の舞台挨拶に出席。共演した大ベテラン、仲代達矢から誕生日を祝う言葉を贈られ、感動の涙を流した。

この9日(日)に22歳になったばかり。大ベテランの仲代さんは、徳永さんに花束を手渡し、ギュッと抱擁すると「まだまだ若い女優さんで、これからいろいろ経験すると思いますが、あくまで初志を貫いて。その辺の薄っぺらい女優にならないで。志を高く持って」。小林政広監督も「最初の志を完結し、いい女優になって」と心のこもったエール。徳永さんは「ビックリしました」と感極まって涙をポロリ。「本当にまだまだだなと思っています。まだまだ足りない。でもあせらず一歩一歩進んで、仲代さんのような素敵な女優になりたい」と涙を拭い声を詰まらせながら、飛躍を誓った。

本作は、最後の居場所を探して旅に出た元漁師の忠男(仲代さん)と新たな一歩を踏み出したその孫娘・春(徳永さん)の二人旅を綴る物語で、仲代さんが9年ぶりに映画主演を務めた。

今後の生きる道について司会から聞かれた仲代さんは「77年も生きたからもういいんです」と軽妙に語りつつ、「この映画もそうですが、人間をテーマに、人間とは、生きるとは、ということを命ある限り俳優として追究していきたい。残り少ない人生を頑張ります」と穏やかな表情で語った。一方、小林監督は、「この映画にお客さんが入れば、また映画を作るチャンスがある。だからみなさんの気持ちで、僕の生きる道があるか決まります」と飄々とした口調。観客の笑いを誘っていた。

『春との旅』は5月22日(土)より新宿バルト9、丸の内TOEI2ほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top