妻夫木&松ケンが初共演 ベトナム、全共闘の激動の時代を疾走!

最新ニュース

『マイ・バック・ページ』に主演する妻夫木聡&松山ケンイチ
  • 『マイ・バック・ページ』に主演する妻夫木聡&松山ケンイチ
妻夫木聡と松山ケンイチが、来年公開されるW主演映画『マイ・バック・ページ』で初めて共演することが明らかになった。

本作は文芸・映画評論、翻訳にエッセイなど多岐にわたって活躍している川本三郎が、自身が新聞社に入社していた1969年から72年のジャーナリスト時代の経験を綴った同名ノンフィクションの映画化作品。理想に燃え、新聞社が発行する週刊誌編集部で働く記者・沢田(妻夫木さん)。激動する時代の中で、彼は活動家の取材を続けていたが、ある日、梅山(松山さん)と名乗る男から接触を受ける。「銃を奪取し武器を揃えて、われわれは4月に行動を起こす」と語るその男に疑念を感じながらも、沢田は不思議な親近感と同時代感を覚えていく…。

監督を務めるのは『天然コケッコー』『松ヶ根乱射事件』などで注目を浴び、30代前半にしてその卓越した演出力が高い評価を受ける山下敦弘。

ジャーナリストとして時代の最前線で“いま”に葛藤する主人公・沢田役の妻夫木さんは「『どこにもない何か』に自分の存在価値を求めようとした時代。ただ通り過ぎていくいまのこの時代に、少しでも足跡が残せたらいいなと思っています。 そして、念願の山下組。現場で松山くんと共に、僕らの『時代』を描ければと考えています」とコメント。

“赤邦軍”のリーダー・梅山(本名・片桐)を演じる松山さんも「とても特異、異質な役なので演じるのがとても楽しみです。観客のみなさんを楽しませる演技ができればと思っています。山下監督や妻夫木さん、スタッフ、キャストのみなさんと必ず最高の作品を作ります。楽しみにしていて下さい」と意気込みを語っている。

さらに、川本さんからは「外にはベトナム戦争があり、内には反戦運動や全共闘運動があった。物情騒然たる時代だった。そして若者たちが、たった一つの不正にも身を震わせた。自分のことよりも世界のことを考えようとした。ジャーナリストも傍観者ではいられなかった。あの時代に生まれていなかった監督の山下敦弘さんと脚本の向井康介さんが私の挫折の物語に興味を持ってくれた。若い人たちがあの頃の青春をどうとらえるのか。暗い過去とまた向き合うことになる。身が引き締まる思いがする」と映画化に際してコメントが寄せられた。

共演陣には忽那汐里、石橋杏奈、中村蒼、長塚圭史、三浦友和といった豪華な顔ぶれが並ぶ。

理想に燃えるジャーナリストと彼を挫折へと追い込んでいく左翼学生。現代人が忘れてしまった“熱”を持った男たちの戦い、葛藤、叫びは我々に何を問いかけるのか?

『マイ・バック・ページ』は2011年全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top