優香、9歳子役の「大事なモノを見させていただきました」

最新ニュース

「黄金風景」舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 「黄金風景」舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 「黄金風景」舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 「黄金風景」舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 「黄金風景」舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 「黄金風景」舞台挨拶 photo:Yoko Saito
タレントの優香が5月17日(月)、東京・シネセゾン渋谷で出演映画「黄金風景」の公開記念舞台挨拶を行い、子役を相手に下ネタトーク(?)を繰り広げた。

本作は、日本の文豪の短編を映像化した6編オムニバス映画『BUNGO−日本文学シネマ−』の中の1本で、太宰治の初恋物語。優香さんは幼少時代の太宰の面倒を見るお手伝いさんで、少年・太宰から好意を寄せられる役どころ。

サプライズで、父親と一緒に来場したという少年・太宰役の9歳の子役、遠藤建慎くんが挨拶に参加。優香さんは、劇中、建慎くん扮する少年・太宰が帰宅し外着から家着に着替える場面の撮影をふり返り、「建慎くんの着物がはだけて、大事なモノを何度も見させていただきました。ありがとう!」と満面の笑顔で衝撃の告白。建慎くんは「すみません…っていうか知らなかった」と赤面した。

建慎くんは、本作で映画初出演。子役との絡み経験が「あまりない」という優香さんは感想を求められ、「建慎くん、『優香さんみたいな大大大大大スターとお仕事が出来て嬉しい』って言ったんですよ。こりゃ伸びる、と思いました」と太鼓判。建慎くんは「また優香さんと共演したい」と優香さんにウットリだった。

『BUNGO−日本文学シネマ−』はシネセゾン渋谷にて期間限定で公開中。



「黄金風景」優香インタビュー
「魔術」塚本高史インタビュー
「檸檬」佐藤隆太インタビュー
「高瀬舟」成宮寛貴インタビュー
「グッド・バイ」水川あさみインタビュー
《photo / text:Yoko Saito》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top