猫ひろし 人生初のイケメン役にのぼせあがる「ハリウッドを目指す猫に」

最新ニュース

「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010」舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010」舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010」舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010」舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010」舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010」舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010」舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010」舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010」舞台挨拶 photo:Yoko Saito
俳優の別所哲也が実行委員会代表を務めるショートフィルムの祭典「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2010」の新設部門発表会が5月18日(火)、東京・六本木のザ クラシカ東京で行われ、猫ひろし、木下優樹菜、土屋アンナ、大黒摩季らが出席した。

1999年にスタート、12回目の今年は楽曲をテーマに製作された作品が賞を競うコンペティション「ミュージックShortクリエイティブ部門」を新設。映画祭サイドが特別製作した3本が上映され、楽曲を提供した土屋さんらと出演した猫さんらが顔を揃えた。

土屋さんの「Brave vibration」をテーマにした『ミステルロココ』で、猫さんはなんと、2人の女性から想いを寄せられる男性役。「人生初のイケメン役。新鮮で斬新で、ひろし感激! です。ぜひ続編を長編でやって、寅さんみたいなシリーズにしてほしい」と日高尚人監督におねだり。

同席した同作の主演で2人の女性のうちの1人を演じた女優、佐津川愛美と恋人同士として絡んだ感想を聞かれると、「本当は背が高い女性が好きで高ければ高いほどコーフンするんですけど、佐津川さんと演技してみて、背が低くてもいいな〜と思いました」と性癖を披露。大黒さんから「なんで上から目線なの?」と即、突っ込まれたが、「これを機会にまた何かに出演させてもらって、ハリウッドを目指す猫に」と舞い上がったまま。

大黒さんからまた「小さいのに上から目線なんだよね」。さらにレポーターから「まず芸を磨かないと…」と野望を叩かれ、猫さんは「いま、上から言われた…」とショックを受けた様子。大黒さんに「いつも上から目線だから、もっと上からかぶせられるんだよ。ニャーって言っていればいいの!」と諭されると、素直に持ち芸「ニャーッ!」を披露した。

同作は、佐津川さん演じるロリータ少女が失恋をバネにプロレスで新しい自分を形成していく姿を描く物語。土屋さんは、メガホンを取った日高監督に「私にプロレスをやれってこと? じゃ、やるよ。多分強いよ」と豪快な持ち味全開。

一方、木下さんは、大黒さんの「あなただけ見つめてる」をテーマにした純愛映画『ゆっきーな』(渡邊世紀監督)に主演し演技初挑戦。政治家の卵に一目ぼれし、ギャルからウグイス嬢に自分を変えるヒロイン役に「1つやりたいことを見つける姿が、(元ヤンキーで)好き勝手やっていたけど芸能界入って、頑張れることを見つけて更生した自分と同じ。思い入れ、あります」と苦笑い。

劇中で、想いを寄せる“彼”に愛らしい笑顔を見せる場面の演技について「あれは、作られたものじゃなくって、自分の中に何かがあったんじゃないでしょうか」。お笑いコンビ、FUJIWARAの藤本敏史と交際中と報じられているが、順調ぶりを改めてうかがわせていた。

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010は6月10日(木)から13日(日)まで表参道ヒルズスペース オーにて、16日(水)から20日(日)までラフォーレ ミュージアム原宿にて開催。



シネマカフェ「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」特集
http://www.cinemacafe.net/special/ssff2010

公式サイト:http://www.shortshorts.org/2010/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top