菅野美穂 「江口さんカッコイイ」と言ってバチ当たる!?

最新ニュース

『パーマネント野ばら』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『パーマネント野ばら』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『パーマネント野ばら』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『パーマネント野ばら』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『パーマネント野ばら』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『パーマネント野ばら』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『パーマネント野ばら』(吉田大八監督)の初日舞台あいさつが5月22日(土)、東京・新宿ピカデリーで行われ、主演の菅野美穂、共演の江口洋介、小池栄子らが顔を揃えた。

母と娘のなおこ(菅野さん)が営む小さな美容室に集う大人の女性たちが抱える恋とそれにまつわる悲しみを描く物語で、原作は漫画家、西原理恵子の同名作品(新潮社刊)。8年ぶりに映画主演した菅野さんは、江口さん演じる高校教師を恋人に持つ役どころ。「江口さんがもう本当に素敵で、栄子ちゃんと『江口さん、カッコイイよね』って言ってたんです。ね!」と小池さんに語りかけ、小池さんも「言ってたね」とガールズトーク。「そしたら水が落ちてきて、バチが当たったのかな?って」と観客の笑いを誘った。

江口さんは「監督から『理想の男でお願いします』って言われ、理想の男って? どういうポジションで演じればいいのかな? と思いながらやっていました」と自信なさげだった。

一方、母親役の夏木マリは、菅野さんについて「普段から、なおこになっていて本当に演技が上手で、改めて天才だなと思いました」と大絶賛。菅野さんは「いえいえ、そんなことないです」と喜びと照れが入り混じったような笑顔を見せた。

放蕩者のなおこの父親役は宇崎竜童で「人生が真夜中のスナックみたいな、訳のわからない人。監督の指示を聞いて一生懸命やりました」と苦笑い。MCから「でも素敵でしたよね」と褒められると、「本当? あんなダメな男とばかり付き合ったら、みんなダメになっちゃうでしょ」と自分の役にダメ出しし、会場を沸かせていた。

『パーマネント野ばら』は新宿ピカデリーほか全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top