“ここだけ”の松田翔太が満載! 主演映画フォトブック発売 19歳の約束とは?

最新ニュース

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』「『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 VISUAL BOOK featuring 松田翔太」 -(C) 2010「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会
  • 『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』「『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 VISUAL BOOK featuring 松田翔太」 -(C) 2010「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会
松田翔太主演の青春映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』のオリジナルフォトストーリーブック「『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 VISUAL BOOK featuring 松田翔太」が発売された。

映画は、孤児院で兄弟のように育ち、人生を選べずに生きてきたケンタとジュンの青年2人の旅の物語。現代社会を生きる若者の不安や苛立ち、そして希望を鮮烈に描き出す。

今回発売されたフォトブックでは、松田さんが「この映画だからこそ」と語り尽くした、本作のプロデューサー・孫家邦によるスペシャルインタビューに撮り下ろし写真、映画からの全61カット&未公開シーン、メガホンを握った大森立嗣監督から松田さんに宛てた手紙など盛りだくさん。ここでしか知ることのできない、役者・松田翔太の魅力がつまった一冊になっている。

松田さんと孫プロデューサーとの間には、5年前、松田さんが19歳のときに交わしたある約束が。兄の松田龍平が出演した『青い春』('02)の打ち上げの席で2人は出会い、その後、役者になると決めた松田さんは「遠回りになるかもしれないけど、TVできちんと頑張ります。人気者になることを目指し、帰ってきて、自分がいることで映画が盛り上がるような俳優になります」と孫プロデューサーに誓った。その言葉通り、5年の時を経て完成したのがこの『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』なのである。

松田さんは言う。「(自身が演じた)ケンタは愛情が足りなくて心がスカスカしているんだけど、細かいところから幸せを見つけて生きていて、自分の世界がある男」。“現場に身を任せる”ことでケンタになりきったそうで「ケンタについて、監督と言葉で確認し合ってはないですね。映画が完成したときも、握手しただけ。言葉で埋めなくても、達成感があったんです」と自信のほどをうかがわせる。

映画を観る前に松田さんの熱い思いをこちらのフォトブックで感じてみては?

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』は6月12日(土)より新宿ピカデリー、ユーロスペースほか全国にて公開。

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 VISUAL BOOK featuring 松田翔太
発売元:角川書店 
定価:1,890円(税込) 
発売中
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top