獅童 玉置浩二に脱帽「あの面白さには勝てない」

最新ニュース

『アイアンマン2』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『アイアンマン2』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『アイアンマン2』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『アイアンマン2』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『アイアンマン2』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『アイアンマン2』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『アイアンマン2』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『アイアンマン2』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『アイアンマン2』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
映画『アイアンマン2』プレミアイベントが5月26日(水)、東京・TOHOシネマズ日劇スクリーン1で行われ、歌舞伎役者の中村獅童とプロレスラー、蝶野正洋が登場した。

“和製アイアンマン”としてPR活動をしてきた獅童さんは、冒頭、ロバート・ダウニーJr.演じる主人公のトニー・スタークばりにタキシードで登場し、同作のワールド・プレミアなどの特報映像上映中に早着替えし、アイアンマンの赤いパワードスーツコスプレで再登場。客席で暴れる、アイアンマンの宿敵、ミッキー・ローク演じるウィップラッシュを真似た、ロン毛カツラなどのワイルドなコスプレ姿の蝶野さんをビームで撃退するパフォーマンスを繰り広げた。

壇上に仲良く並び、獅童さんは「嫌なことも忘れられるスカッとする映画」と呼びかけ。蝶野さんは自身の和製ウィップラッシュパフォーマンスに「お客さんの反応が悪く、どうしようかと思った」とボヤいた。取材陣による写真撮影時、獅童さんは「お客さんはこういうときが一番、退屈だもんね。早く本編を観たいって心の叫びが聞こえる。チャッチャやりましょう!」と自ら場を仕切って取材陣へ目線をテキパキと目線を送る気遣いぶり。観客を笑わせた。

一方、タレント、青田典子との熱愛で物議を醸している安全地帯のボーカル、玉置浩二の話題に「平成の火野正平でしょ? 参ったよ。空港で(ツーショット会見)ね、なかなか面白かった。あの面白さには勝てない」と脱帽。女性レポーターから「でも獅童さんも色男ですよね?」と問われると、「この恰好で色男って言われても嬉しくないよ。じゃ、この恰好でデートする?」と“ナンパ”。同レポーターが首をブルブル振ると、「普通嫌でしょ? その話はまた今度ね」とちょっぴり寂しそうだった。

蝶野さんは、ミッキー・ロークについて「あんまり好きな役者じゃなかったけど、この映画を観て、味のある役者だと思った」とロークの怪演にシビれた様子。獅童さんから「『レスラー』で復活してから活躍されているけど、昔は2枚目だったんですよ」とレクチャーを受け、「そうなの?」と納得していた。

『アイアンマン2』は6月11日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top