友和&百恵の次男・貴大 俳優デビュー作初日「緊張9割、楽しみ1割」

最新ニュース

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
俳優、三浦友和と元歌手・山口百恵さんの次男・三浦貴大(たかひろ)が5月29日(土)、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた、俳優デビュー作の映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(錦織良成監督)の初日舞台挨拶に、主演の中井貴一、高島礼子らと出席した。

満場の観客約800人を前に「とても思い入れの深い作品で、こんなに多くの方に観ていただけるなんて、感謝の気持ちでいっぱい。昨日はすごく緊張して、緊張9割、楽しみ1割、な感じでした」とさわやかな笑顔。中井さんに「デビュー作は当たることが大切。貴大のためにもよろしくお願い申し上げます」と売り出され、思わず吹き出しながらも、客席に深々と一礼。観客の笑いを誘った。

同作は、出雲のローカル鉄道を舞台に、50歳を目前にして子供の頃の夢だった電車の運転士を志した男とその家族の絆を描く物語。実際の子供の頃の夢を聞く質問に、貴大さんは「なかったです…スミマセン。どれだけ考えても出てこない」と苦笑い。俳優のレールを走り出した心境を聞かれると「それが一番の夢だったので、いろんなことを勉強させてもらっていて、恵まれています」と実直な言葉。中井さんは「『夢のひとつでも言えるようにしとけ』って言ったのに」と突っ込みながらも「でも言わないのが彼の良さ。純朴でしょう? 普通、上手いこと言ったりするもんなのに」と温かい眼差しを向けた。

また中井さんは、自身の俳優デビュー時をふり返り「先輩に『デビュー作を抜ける作品は出てこない』と言われたことがありますが、芝居を30年以上続けてきて、台本の読み方が上手くなったりはありますが、実際に出てこない。何も考えず、純粋に向き合えるのはデビュー作だけ」としみじみ。「これは貴大に話しました」と言い、可愛い後輩と見つめ合った。

一方、劇中にひっかけ、キャスト陣がそれぞれ家族に対する想いを綴った伝言板が登場。高島さんが「家族の幸せは私の幸せだ〜」と読み上げると、中井さんは「高知(東生※高島さんの夫)いいナ〜」とニヤニヤ。高島さんは照れくさそうな表情を浮かべていた。

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』は全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top