『SATC』4人が日本で揃い踏み! サラ・ジェシカの劇中のお気に入り衣裳は?

最新ニュース

『セックス・アンド・ザ・シティ2』来日記者会見
  • 『セックス・アンド・ザ・シティ2』来日記者会見
  • 『セックス・アンド・ザ・シティ2』来日記者会見
  • 『セックス・アンド・ザ・シティ2』来日記者会見
  • 『セックス・アンド・ザ・シティ2』来日記者会見
  • 『セックス・アンド・ザ・シティ2』来日記者会見
  • 『セックス・アンド・ザ・シティ2』来日記者会見
  • 『セックス・アンド・ザ・シティ2』来日記者会見
  • 『セックス・アンド・ザ・シティ2』来日記者会見
待望の映画続編『セックス・アンド・ザ・シティ2』の公開を今週6月4日(金)に控え、サラ・ジェシカ・パーカーを始めとするメインキャスト4人と監督が来日し、記者会見を行った。4人が揃って来日したのは今回が初めて。会見場には日本のみならず、アジア各国からもマスコミが押し寄せ、その注目度の高さがうかがえた。

昨日、成田空港に到着した際には数百人のファンに出迎えられたことに触れ、サマンサ役のキム・キャトラルは「私たちは“ニューヨーカー”という意識がとても強いけど、実は世界中で理解されている、ということにいつも驚かされているわ。まさに社会現象!」と、興奮気味に挨拶。

「だからこそ、本作ではニューヨークを飛び出して、グローバルスケールでストーリーを展開したかったんだ」と監督のマイケル・パトリック・キングが付け加える。そうして登場するのが、本作で注目される、中東・アブダビへの4人旅行だ。

旅行中、特に話題になっているシーンは、4人が美声を披露する“カラオケ”シーン! 特に思い入れががある、というシャーロット役のクリスティン・デイヴィス。「私は4人の中でも特に緊張してしまうタイプで、歌うことがすごく怖かったのだけど、レコーディングのときにもサラ・ジェシカがずっと付き添ってくれたので、無事乗り切ることができました」と告白した。

本シリーズの顔、キャリー役のサラ・ジェシカに、本作の中でも最も好きなファッションは? という質問が飛ぶと、彼女もまたアブダビでのシーンの衣裳を選択。「ひとつなんて選べないけど…“J'Adore Dior”と書かれたヴィンテージのTシャツ、にザックポーゼンを合わせ、特注のマノロのシューズを履いていたコーディネートはとってもキャリーらしくて好きだわ」。

サラが選んだ1着のみならず、ファッションは本シリーズの大きな魅力のひとつ。TVシリーズと劇場版第1作に引き続き『SATC2』の衣裳を手がけているのが、パトリシア・フィールド。パトリシア自身、大の日本好きとしても知られている。「『SATC』は日本人女性のファッションにとっても影響されているの! そのことを感謝したいわ」。

TVシリーズ開始から12年。これほど女性たちに愛されているシリーズはしばらく登場しないだろう。「これだけ長年にわたって、ひとつの役を演じてきて、まるで2つの人生を生きているような、こんな経験をすることは滅多にないと思う。確かに時々、キャリーと同一人物であると勘違いされてしまうけど、それは決して重荷ではなく、それ以上にこれだけ特別な作品に参加できたことへの感謝の気持ちの方が大きい」とサラ・ジェシカは語る。

キムもまたふり返る。「チェルシー地区にある、暗い部屋で初めて本読みをしたときのことを覚えているわ。でもそのとき、瞬時にケミストリーを感じたの。もう13年前なのね…まだ4人は初対面だったから、すごく不安もあったけど…。4人は人生の充実を求めてきたと思うのだけど、いままさにそれを感じています」。

「とにかく最高にグラマラスなものを作りたかった。そして、いままでにやったことは絶対に繰り返さないと決めているんだ」という監督の言葉通り、ファンの期待に応える仕上がりで公開を迎える『セックス・アンド・ザ・シティ2』。明日6月1日(火)には六本木ヒルズでレッドカーペット・イベントが開催され、ここでも4人は大勢のファンの大歓声で迎えられることだろう。

『セックス・アンド・ザ・シティ2』は6月4日(金)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。

シネマカフェSweet「love SATC 『セックス・アンド・ザ・シティ2』特集」
http://www.cinemacafe.net/sweet/satc/index.html
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top