松たか子VS中島監督 告白イベントで激論抗争勃発!?

最新ニュース

『告白』特別課外授業イベント  photo:Yoko Saito
  • 『告白』特別課外授業イベント  photo:Yoko Saito
  • 『告白』特別課外授業イベント photo:Yoko Saito
  • 『告白』特別課外授業イベント photo:Yoko Saito
映画『告白』の特別課外授業イベントが6月3日(木)、東京・品川区の品川女子学院で行われ、主演の松たか子と中島哲也監督が復讐をテーマに対立意見をぶつけ合った。

本作は、13歳の教え子2人に3歳のひとり娘・愛美を殺された女子教師・森口(松さん)の告白劇。同学院で不定期開催されている課外授業、よのなか科で“告白”が取り上げられ、最終回の第4回目に松さんらが招待されたもの。松さん演じる森口の復讐とされた行動の是非について、同学院の1年生25人と松さん、中島監督、よのなか科と懇意にしているという社会学者の宮台真司氏らが1時間強、討論を繰り広げた。

松さんVS中島監督の構図が飛び出したのは、森口の行動が復讐となったか? ならないか? を問う場面。口火を切ったのは松さんで「復讐って何をもって復讐というのか分かりませんが」とまずは前置き。「何をしても愛美は戻らないと分かった上での行動で、何かを取り戻す行為ではないから、復讐と言ってもいいかな、と思いました」。

同学院生2人が意見を述べた後、中島監督は挙手し、松さんの意見に反論。「算数みたいなことなら復讐と言えるかもしれないけど、悲しいかな、人間には心がある。やられたことをやり返した、って思える強い人間なら、復讐は成立すると思う。でも撮影で松さんの演じるあの顔を見ていて、森口は弱い人で、こんなことをする前よりも、もっといろいろなもの、思いものを抱えちゃった、さらに苦しくなっちゃった、と思った。それなのに松さんがあっち側(反対意見席)? って…」と苦笑い。

すかさず今度は松さんが挙手し起立。「あのとき、演じていて少年って美しい、キレイと思ったんですけど…森口はさらに孤独になったとも思う。だから復讐にはならないって考えもあって…だから両方です」とキッパリ。潔い口調に同学院生と監督らから笑いが起きた。

一方、宮台氏は“復讐にならない”派。「森口には2つの感情があった。1つは(復讐した教え子に対し)『苦しいでしょ?』、それから『ここからこの子は真人間になっていくかも、という希望と絶望。教え子に、何をしたのか分からせたかったんだと思う」と専門分野だけに理路整然と熱弁。松さんは真摯に聞き入り、メモを取っていた。

“授業”を終え、松さんは「答えはひとつではないし、みんな嫌がりながらもマイクを持つと自分の意見をしっかりと述べていた。ヘビーなテーマですがメチャクチャ頭を使って頭のいい大人になってください」と25人にメッセージ。中島監督は「いろいろな意見を聞いて、鋭いな、僕は考えなかった、悔しいと思うことがずいぶんあった。この意見が正しい、ってことは絶対ないので、自信を持って貫いてください。今日ここに来られて本当に良かった」と感慨深げだった。

『告白』は6月5日(土)より全国東宝系にて公開

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top