妻夫木聡らが日本代表に声援! …も、樹木希林は「サッカーは頭の細胞に悪そう!」

最新ニュース

『悪人』完成報告会見
  • 『悪人』完成報告会見
  • 『悪人』完成報告会見
  • 『悪人』完成報告会見
映画『悪人』の完成報告会見が6月24日(木)、都内ホテルで行われ、主演の妻夫木聡をはじめ、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、原作者の吉田修一らが出席。李相日監督に対し登壇陣から次々に「しつこい!」とのコメントが浴びせられるひと幕があった。

吉田さん自らが「代表作」と語るベストセラー小説の映画化作品で、ある殺人事件を軸に、その犯人と彼を愛した女、被害者、被害者の父に犯人の祖母、事件の鍵を握る大学生など複数の人間のドラマが入り乱れ、人々の内にある“悪意”、真の“悪人”の姿があぶり出される。

妻夫木さんは本作への参加について「原作を読んでこの役を『やりたい』と純粋に思えて、映画化の権利がどうなってるか確認してもらった」と明かし、その思い入れの強さをうかがわせた。祐一は土木作業員ということで「実際に作業員のバイトしてみたり、ひとりで(物語の舞台の)長崎に行ったりもした。“良いこと”や“悪いこと”って自分でそう思っていても、実はそうじゃないこともあるし、理屈じゃない。その狭間にいるヤツが(自らが演じた)祐一。役を通じて自分と向き合い、自分を知りたかった」と熱い思いを吐露した。

深津さんは「過酷な撮影で、あまり記憶がない(苦笑)」と撮影の凄まじさを感じさせるコメント。3度目の共演となる妻夫木さんについては「演じることにマジメで素直で温かい」と好印象のようで、これには妻夫木さんも「感無量」と笑顔を見せた。

岡田さんはこれまでとは毛色の違う、“悪”を感じさせる役柄に「まさかこういう役が来るとは思ってませんでしたが、どこかで待っている自分がいた」と語り、監督の演出について「確かにしつこかった」と明かした。

「原作をすんなり読めずに気持ち悪くなって吐いたりした。“素敵な意味で”吐き気がし、心がえぐられるような作品」と語った満島さんも「監督のしつこい演出に悩まされました。毎日、実家に帰りたくなった」と監督への苦情(?)を告白した。

音楽を担当した久石譲も「(監督は)そこまでやるか? というほどしつこく粘る」と苦笑交じりに明かし、すっかり“しつこい男”のレッテルを貼られた李監督も「何と言ってよいのか…」と苦笑を浮かべていた。

ユーモラスなコメントで会見を盛り上げたのは樹木希林。“日本を代表するキャスト、スタッフ”という宣伝文句に「触れ込みばかりで、どうかな? ということも多いんですが…今回は実際にその通りです」と語ったかと思えば、タイトルと監督名だけを聞いて本作への出演を決めたというエピソードについて尋ねられ「留守電とFAX。いつも、それだけで決めてます」とサラリ。さらに「プロデューサーから『群像劇なので予算がない』って散々言われて、群像劇だから予算がないってどういうこと? と思ってたんですが、(完成した作品の)出来が良かったみたいで、こんな立派なホテルで会見開けて。ギャラも、消費税分もついてきて」と内幕を暴露し会場の笑いを誘った。さらに、本日の深夜にサッカー日本代表がグループリーグ突破を懸けてデンマークと戦うことについて、妻夫木さんらほかのキャスト陣からは激励のメッセージが語られる中、樹木さんだけは「あんな固そうなボールがぶつかって、頭の細胞に悪いんじゃないかと。孫には(サッカーを)させたくない、と思ってます」ととぼけた口調で語り、再び会見場は笑いに包まれた。

『悪人』は9月11日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top