【ハリウッドより愛をこめて】マイケル一周忌 キング・オブ・ポップの影響はなお絶大

最新ニュース

『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔』 - (C) Flamingo Features, All copyrights reserved
  • 『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔』 - (C) Flamingo Features, All copyrights reserved
みなさん、こんにちは! アメリカでは、6月はとてもエキサイティングな月となりました。私はというと、最近はお仕事でアメリカ中を飛びまわり、いまもアラバマから戻ってきたばかりです。こちらは信じられないくらい暑くて大変です!

アラバマでは、「PersaCon」と呼ばれるゲーム・コンベンションに参加してきました。実は私、いくつかの人気ゲームのキャラクターの“声”を演じているのですが、その中の一つ、「鉄拳」シリーズの人気キャラクター“ニーナ・ウィリアムズ”として招待されたんです。会場では、パネルディスカッションを行ったり、サイン会も行いました。こうして「鉄拳」ファンたちと触れ合えて、とても素晴らしい時間を過ごしました。

さて、先週末は“キング・オブ・ポップ”ことマイケル・ジャクソンの一周忌でした。当然、世界中で追悼イベントが企画され、ここロサンゼルスでは「Forever Michael」と題したコンサートがビバリーヒルズにあるビバリーヒルトンホテルで開催されました。当初、このイベントにはクリスティーナ・アギレラをはじめ、豪華アーティストたちが出演する予定でしたが、結局さほどの人は集まりませんでした。というのも、人々が言うにはこれはマイケルのためのイベントというよりは、マイケルの父、ジョー・ジャクソンのイベントだったからです。

ほかの多くのファンはマイケルの生涯と功績を称えるため、マイケルが眠るフォレストローン記念公園のホーリーテラスを訪れ、献花を行いました。また、マイケルの死を悼み、キャンドルに火を灯し、彼の歌を歌ったファンの姿が世界中で見られました。そして2010年6月25日2時26分(L.A.時間)、世界中のファンが“キング・オブ・ポップ”追悼のため一斉にキャンドルに火を灯しました。

ラスベガスでは、ウエストハリウッドのジュリアンズ・オークション主催で6月25日から3日間開催された「Music Icons」が終わったばかり。この特別オークションでは、マイケルのジャケット、グローブ、シューズ、さらにロンドンで開催が決定していたコンサートツアー「THIS IS IT」で、現地に滞在中に使用する予定だった家具などが出品されました。オークションは、ラスベガスにあるプラネットハリウッドリゾート&カジノで行われました。

そして、マイケルが「Victory」ツアーの際に着用していたスワロフスキーのグローブはなんと192,000ドル(約1,700万円)で落札されました! オークションには200を超えるアイテムが出品され、参加者の中にはマライア・キャリーのようなセレブもいました。どうやらマライアは、自身の専属インテリアデザイナーに、「THIS IS IT」期間中にマイケルがロンドンで使用するはずだった赤のリビングルームセットを手に入れたいと言っていたそうなのですが…、結局落札はしなかったようです。それはさておき、主催者によれば、最終的な売上は100万ドルを超えたそう。やっぱりマイケルの影響力はすごいですね!



写真は『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔』より。

© Flamingo Features, All copyrights reserved © Frank Micelotta/Getty Images © Flamingo Features, All copyrights reserved
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top