相武紗季、『恋するナポリタン』携えL.A.上陸 アメリカ人の恋愛観に逆質問!

最新ニュース

『恋するナポリタン』L.A.進出!
  • 『恋するナポリタン』L.A.進出!
  • 『恋するナポリタン』L.A.進出!
  • 『恋するナポリタン』L.A.進出!
7月1日(木)から4日(日)までの日程でL.A.で開催された第19回Anime Expoに出品された、相武紗季、眞木大輔、塚本高史のトリプル主演作『恋するナポリタン〜世界で一番おいしい愛され方〜』の、現地での上映および相武さんが参加したパネルディスカッションの模様が到着した。

上映が行われたホールは当日、本作に合わせて“恋ナポホール”と名称が変更され、日本の映画、文化に興味を持った熱心なファンが訪れた。大歓声に迎えられた相武さんは、見事な英語でスピーチをこなし、客席からは大きな拍手がわき起こった。

パネルディスカッションでは観客が相武さんを質問攻め! おいしそうな料理が数多く登場する本作とあって、観客の一人から「料理は好きですか?」という質問が投げかけられると、相武さんは笑顔で「料理は好きです。一人暮らしなので煮物料理とか作りますよ」と答えた。

また、ある観客からの「映画のように、恋愛と結婚は選ぶ相手が違うと思うか?」という質問に「そうですね、共感する部分はあります。アメリカ人の方はどうなんですか?」と逆に質問する一幕も。さらに、パネルディスカッション終了後、相武さんは、コスプレの来場者に果敢にもインタビューを敢行! ナポリタン、ピザ、ズッパディ・マーレの3つの料理のパネルを掲げ「どれが日本で生まれた料理?」というクイズ仕立てで現地の来場者に質問し、映画のタイトルにもあるナポリタンが、実は日本発祥の料理であるということを説明した。

本作は、事故で命を失ったイタリアンシェフ、彼の幼なじみの女性、そして、なぜか死んだシェフの記憶が宿ってしまったピアニストが織りなす切ないラブストーリーで、ナポリタンが劇中で重要な役割を果たしている。

『恋するナポリタン〜世界で一番おいしい愛され方〜』は9月11日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top