ガッキー 100年続く愛語る「存在が特別なモノになる出会い、ある」

最新ニュース

『ハナミズキ』完成披露試写会  photo:Yoko Saito
  • 『ハナミズキ』完成披露試写会  photo:Yoko Saito
  • 『ハナミズキ』完成披露試写会  photo:Yoko Saito
  • 『ハナミズキ』完成披露試写会  photo:Yoko Saito
映画『ハナミズキ』(土井裕泰監督)の完成披露試写会が7月8日(木)、東京国際フォーラムで行われ、主演の新垣結衣に生田斗真、向井理らが出席した。

歌手、一青窈の同名代表曲をモチーフに、ある男女が10年にわたって愛を育み、成長する姿を描く純愛ストーリー。

新垣さんは、海外で働くことを夢見て故郷の北海道から東京の大学に進学し、夢を実現させてニューヨークで働くことになるヒロイン・紗枝を熱演。ニューヨークロケ、英語に初挑戦した撮影をふり返り「英語に触れる機会がなかったので、ゼロからのスタートで、撮影前から練習しました」とちょっぴりシビアな表情。紗枝と遠距離恋愛しながら北海道の漁師として生きる康平役の生田さんは「父親役の松重豊さんと漁師仲間の役の方々と漁の練習をしましたが、深夜3時に出て朝7時に戻り、夜の7時に寝るという生活をしたのが一番大変でしたね」と爽やかな笑顔で語った。

向井さんは、東京で紗枝が知り合う大学の先輩・北見役で「新垣さんとのシーンばかりで全然、(ほかの)人と会わなかった。でも、ニューヨークロケで(共演の)薬師丸ひろ子さんと行き帰りの飛行機が同じで、食事に連れて行ってもらったのが楽しかった」と寂しげな笑顔。会場の笑いを誘った。

一方、同曲の歌詞のワンフレーズにちなみ、MCが好きな人と100年続くためには? と質問。新垣さんは「2人にとって、人生の大切な時期を一緒に過ごすことで、お互いの存在が特別なものになっていくのでは? そういう出会いってあるだろうな、と思います」。生田さんは「いまの恋愛の形って、毎日電話したりメールしたりして繋がっている。『ハナミズキ』のように、離れていても相手を想う気持ちで繋がっているっていうことが大切なのでは?」と“優等生”発言。

向井さんは「1つの言葉が持つ意味はいろいろあると思うので、抽象的な気持ちを理解する能力があったら素敵だな、と思います」と話していた。

映画『ハナミズキ』は8月21日(土)より全国東宝系にて公開

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top