仲里依紗 初海外映画祭「カムサハムニダ」に大歓声 「サイコーだ」

最新ニュース

プチョン国際ファンタスティック映画祭で舞台挨拶に立った仲里依紗 photo:Yoko Saito
  • プチョン国際ファンタスティック映画祭で舞台挨拶に立った仲里依紗 photo:Yoko Saito
  • プチョン国際ファンタスティック映画祭で舞台挨拶に立った仲里依紗 photo:Yoko Saito
  • プチョン国際ファンタスティック映画祭で舞台挨拶に立った仲里依紗 photo:Yoko Saito
  • プチョン国際ファンタスティック映画祭で舞台挨拶に立った仲里依紗 photo:Yoko Saito
  • プチョン国際ファンタスティック映画祭で舞台挨拶に立った仲里依紗 photo:Yoko Saito
  • プチョン国際ファンタスティック映画祭で舞台挨拶に立った仲里依紗 photo:Yoko Saito
  • プチョン国際ファンタスティック映画祭で舞台挨拶に立った仲里依紗 photo:Yoko Saito
  • プチョン国際ファンタスティック映画祭で舞台挨拶に立った仲里依紗 photo:Yoko Saito
仲里依紗が7月16日(金)、韓国・プチョン(富川)市内で開催中の第14回プチョン国際ファンタスティック映画祭の、主演映画『時をかける少女』の公式上映後に行われた舞台挨拶とティーチインで、韓国語で挨拶し、現地ファンの大歓声を浴びた。

同作は、SFやファンタジーの話題作を集めた「ワールド・ファンタスティック部門」出品作で、同映画祭期間中、16日(金)と17日(土)の2回上映。この日は大雨というあいにくの空模様と午後8時からという遅い上映にもかかわらず、会場のプチョン・シティホールは満席に近い状態となった。

観客からの質問に5問ほど答えたところで、仲さんはポケットから紙を取りだし「読んでいいですか?」とニッコリ。「カムサハムニダ」と切り出すと、「今日はいらっしゃってくださってありがとうございます。お会いできて嬉しかったです」と韓国語で挨拶。客席からは歓声がわき起こり、「サイコーだ!」の声も飛んだ。原作の主人公・和子の一人娘、あかり(仲さん)が70年代へタイムリープし、母親の初恋相手を捜す中で、その時代を生きる青年・涼太と恋に落ちるという物語。ティーチインでは、もしあかりだったら? の問いに「涼太のためにその時代に残って時間を止めようとすると思います」。大林宣彦監督版を観たか? と聞かれると「1回しか観てない。毎回役作りはしないので。というのも、役作りをやってしまうと、そこまでの力しか出せない気がするので、自然体で現場に行き、どこまで力を出せるかを大切にしているから」と“大物ぶり”をうかがわせた。

15歳のときにプライベートで訪れて以来で、公式に韓国を訪れるのはこれが初めて。主演ドラマの撮影の合間を縫った1泊2日の強行軍で、この日の午前11時半頃に韓国入りし、翌17日(土)の19時頃には離韓予定。約32時間の滞在中、舞台挨拶と現地メディアの取材をこなし「オフはゼロ」(関係者)というハードスケジュールで、食事もコンビニのおにぎりなどしか口にしておらず、「次に来たときには、屋台で庶民的な料理を食べたり、ショッピングをしたりしたい」とちょっぴり残念そうな顔も。

とはいえ「上映中の観客のリアクションも良かったので、楽しんでもらえたと思います」と手応えをヒシヒシ感じた様子。谷口監督も「あかりという少女の成長を描こうと取り組み、仲さんという女優を得たことで想像の何十倍もの『時かけ』が出来た」と自信をのぞかせる一方、「初めての韓国ですが、韓国映画で好きな作品がたくさんあります。ポン・ジュノ監督の作品とか大好きです」と話し、観客を沸かせていた。

会場を出る際には、サインを求めるファンに囲まれてロビーは一時騒然。仲さんは快くサインに応じ、笑顔を振りまくなどファンサービス。スタッフ約10人にガードされながら、5分近くかかって出口に辿りつき、会場を後にした。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top