ベッキー♪#が海上でライヴ! 「1時間が限界」の船酔いも、恋人の船なら大丈夫?

最新ニュース

『ヒックとドラゴン』ベッキー船上クルージングライヴ photo:Yoko Saito
  • 『ヒックとドラゴン』ベッキー船上クルージングライヴ photo:Yoko Saito
  • 『ヒックとドラゴン』ベッキー船上クルージングライヴ photo:Yoko Saito
  • 『ヒックとドラゴン』ベッキー船上クルージングライヴ photo:Yoko Saito
タレントのベッキ—が7月28日(水)、東京湾内を周遊する遊覧船で、映画『ヒックとドラゴン』の船上クルージングライヴを行い、本作のイメージソング「エメラルド」を披露した。

本作を鑑賞しテーマの友情などに感銘を受けて歌詞を書き下ろした楽曲で、快晴の空の下、「広がる青空〜」と伸びやかな歌声を披露した。歌い終わると「船の上で歌うのは初めてで、どうなることかと思いましたが、風を受けながらですごく気持ち良かったです」とホッとした様子。サプライズで、曲のお礼として本作のクリス・サンダース&ディーン・デュボア両監督が、6月に来日した際に描いたという映画の主人公・少年ヒックとドラゴンのトゥースのイラストをスタッフから手渡され、「これってすごいことじゃないですか! すごく嬉しいです、感動しています」と大喜び。

船上ライヴの次は船上デートや恋は? と取材陣から聞かれると、「どうでしょうね? 仕事のことばかり考えて、恋は後回しになっているので。ウチの家族の間で、『ベッキ— 家族のことは 後回し』っていう川柳が流行っちゃうくらい、仕事のことばかり考えています」とテキパキと回答。「船は1時間が限界ですかね、あまり強くないので酔っちゃう。でも彼の船とかヨットだったら、ノリノリになって長時間でも大丈夫かも」と乙女の顔をのぞかせた。途中、取材陣を「暑い中ありがとうございます」と言って労い、スイカを振る舞うひと幕もあった。

一方、この日、サザンオールスターズのリーダー、桑田佳祐が初期の食道がんを患っていることを所属事務所のファックスを通じて発表した話題に、「えっ? いま、初めて聞いたので…スミマセン」と絶句。数秒置いて「治ることを祈っています。大丈夫、桑田さんなら。みんなが応援します。みんなで奇跡を起こしましょう」と闘病のため休養に入った桑田さんへ、激励のメッセージを送った。

クルーズ後には、台場のシネマメディアージュに移動。同所で行われた試写会イベントでも、同曲を披露した。

『ヒックとドラゴン』は8月7日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。



特集「『ヒックとドラゴン』宣伝体験記」
http://www.cinemacafe.net/special/hic-dragon/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top