錦戸亮 6歳子役が暴露! 調理シーンで“アレ”を作って遊んだ?

最新ニュース

『ちょんまげぷりん』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ちょんまげぷりん』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ちょんまげぷりん』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ちょんまげぷりん』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ちょんまげぷりん』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ちょんまげぷりん』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『ちょんまげぷりん』の公開前日プレミア上映会が7月30日(金)、東京・恵比寿ガーデンシネマで行われ、主演の錦戸亮(NEWS、関ジャニ∞)、共演のともさかりえ、子役の鈴木福らが舞台挨拶に立った。

江戸時代から現代の東京に迷い込んだ侍・木島安兵衛(錦戸さん)が、シングルマザーのひろ子(ともさかさん)の家で居候生活を送る中で、パティシエとしての手腕を発揮していく物語。

撮影での錦戸さんとの思い出を司会者から聞かれた、ひろ子の一人息子・友也役の福くんは、「ケーキコンテストのシーンのときに、マジパン(アーモンドと砂糖を混ぜてペースト状にしたもの)でウンコ作ったりしました」と“笑撃”エピソードを告白。錦戸さんも「ウンコ作ってました」と照れ笑いで認め、会場の笑いを誘った。

一方、劇中のキーアイテムのプリンにちなみ、キャスト陣が各自、願いごとを書いたプリン絵馬を披露。錦戸さんは、客席へ見せる前に覗き見した中村義洋監督から「錦戸くん、これ、つまらないよ!」とダメ出しされ、「えっ、でも心からの願いなんですけど…」としょげてみせたが、気を取り直してプリン絵馬を掲げて「無病息災。健康な体がほしい」。ともさかさんは「やっさん(安兵衛)のような“奥さん”がほしい」。

中村監督は「『ちょんまげぷりん』パート2を作れますように」と読み上げ、「8月5日(木)に原作者の荒木源さんが、パート2を出します。とても面白いので、僕は本当にパート2がやりたい」とやる気満々。錦戸さんも「『2』ができるようにがんばります。あとはみなさんの力で現実味が増すと思いますので、よろしくお願いします」と呼びかけていた。

『ちょんまげぷりん』は7月31日(土)より恵比寿ガーデンシネマほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top