妻夫木聡は自称“仕事人” 「仕事ください」

最新ニュース

『悪人』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『悪人』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『悪人』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『悪人』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
映画『悪人』のジャパン・プレミアが8月2日(月)、東京国際フォーラムで行われ、主演の妻夫木聡、共演の深津絵里、李相日監督らが出席した。

芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラー小説を原作に、殺人を犯した土木作業員の男・祐一(妻夫木さん)と、何も知らずに祐一と知り合い、愛し合ってしまった光代(深津さん)の、刹那的な愛と逃避行を通じ、真の悪人とは何者かを問題提起する物語。吉田さんが李監督と共同脚本を務めた。

数日前に、8月26日(木)から9月6日(月)までカナダで開催される第34回モントリオール世界映画祭のワールドコンペティション部門への出品決定が発表されたばかりで、妻夫木さんは「結果がどうであれ、世界の人に観てもらえることが単純に嬉しい」。

深津さんも「一人でも多くの人に観てもらいたい作品だと思っていたので、海外の人に観ていただける機会をいただけて、おっきな喜びを感じます」と改めてコメント。映画『フラガール』が第79回アカデミー賞外国語映画賞の日本作品代表に選出された経験のある李監督は「賞はみずもの。欲張るとよくないと『フラガール』のときに思った」とシニカルな調子で話した。

一方で、タイトルにちなみ、それぞれが自身を「○人」と評するお題が出され、妻夫木さんは「仕事人」と書いたボードを掲げ、「本当は(主演した大河ドラマ)『天地人』と書きたかったんですが、李監督にブッ飛ばされそうなので」とトボケつつ「仕事人だと思っているので、仕事ください。結構、休みが多いんです」と無邪気に“就活”。

深津さんは「凡人」と書いて「演じてなければ凡人、役に満たされているようなもの。趣味のないつまらない人間なんです」と照れ笑い。祐一の祖母役の樹木希林は「生辛人(いきづらいひと)」と読み上げ、「見たままです」と自嘲気味。

李監督は「極悪人」と書きこみ「この作品でいろんな人にいろんな辛い思いをさせたので」と苦笑いだった。ほかに、祐一に殺されるOL・佳乃役の満島ひかり、佳乃の父親役の柄本明が出席した。

『悪人』は9月11日(土)より全国東宝系にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top