ソン・スンホン&松嶋菜々子 キスシーンで「お腹が鳴ってしまった」

最新ニュース

『ゴースト』製作報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ゴースト』製作報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ゴースト』製作報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ゴースト』製作報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ゴースト』製作報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ゴースト』製作報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ゴースト』製作報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ゴースト』製作報告記者会見 photo:Yoko Saito
  • 『ゴースト』製作報告記者会見 photo:Yoko Saito
世界的ヒットを飛ばしたハリウッドのラブファンタジーのアジア版『ゴースト もういちど抱きしめたい』の製作報告会見が8月3日(火)、東京・六本木のグランドハイアット東京で行われ、W主演の韓国人俳優、ソン・スンホンと女優、松嶋菜々子らが出席した。

デミ・ムーアと故パトリック・スウェイジが出演したオリジナル版『ゴースト〜ニューヨークの幻』は、1990年に公開。死んでゴーストとなった男が愛する女性を守ろうとする純愛ストーリーがウケて、日本では観客動員400万人、興収58億円の大ヒットを記録。世界興収は5億ドル超と一大ブームを巻き起こした。リメイク版製作の経緯について、一瀬隆重プロデューサーは「4年前、ロスのパラマウント社に呼ばれて日本映画の面白い企画について聞かれ、とっさにアジア版『ゴースト』を思いついた」と説明した。

日本版では、ニューヨークから東京に舞台を移し、松嶋さん演じるやり手の女社長・七海が命を落としてゴーストとなり、スンホンさん演じる最愛の恋人で、陶芸家を目指す韓国人青年・ジュノのそばにとどまるという、男女逆転の設定とされた。2人以外の主要キャストは、ウーピー・ゴールドバーグが演じた2人の間を取り持つ霊媒師を樹木希林、ほかに鈴木砂羽、宮川大輔、黒沢かずこ(森三中)ら。監督は日本テレビで数々のドラマを手掛けてきた大谷太郎氏が初メガホンを取った。

松嶋さんとスンホンさんの2ショットはこの日が初お披露目。スンホンさんは「米国版を観て育った世代なので、このお話をいただいて本当に嬉しかった。出演を決めたのは松嶋さんの存在が大きく、ぜひ共演してみたいと思った」と日本映画初出演を即決。松嶋さんとの初共演について「優しく美しく、弱音を吐かずに一生懸命仕事をする方。本当に家族のように親切にしていただいた。最初に初めて出会うシーンを撮影したとき、本当に美しいと思ったので、美しいと感じる“演技”をしないでそのまま感じた通りにやった」と絶賛。「キスシーンに食事をしないで臨んだら、お腹が鳴ってしまい、申し訳なかったです」とイケメンらしからぬエピソードを明かし笑いを誘った。

一方の松嶋さんも、「私も同じようにキスシーンのときにお腹が鳴ってしまって、聞こえたかな? って」と同じ“失敗談”を告白。「ひとつひとつ、大事なシーンが続くので、食事をしたいと思わなくて、休憩を取らず、このまま撮ってほしい、と思った1か月半でした」と充実した笑顔を見せた。スンホンさんについては「紳士で礼儀正しく品があって女性に優しい。芸術家の繊細な部分を体で表現できる方だと思った」。撮影中のエピソードを聞かれると、「1日1回はスンホンさんに韓国語で挨拶をするコミュニケーションをとってみた。またね、とか簡単なものですが。スンホンさんはいつも優しい笑顔を返して下さいました。でもちょっと苦笑いでした」と明かし、会場の笑いを誘っていた。

『ゴースト もういちど抱きしめたい』は11月13日(土)より公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top